記事

外交は血の流れない戦争。

沖縄に着きました。今日から沖縄県知事選の支援です。 沖縄行きの飛行機の中で、塩野七生著『日本人へリーダー篇』を読んでいたら、 「戦争は、血の流れる政治であり、外交は、血の流れない戦争である」 という言葉に出会いました。 全くその通りだと思います。そして私は、この言葉を、現民主党政権の菅総理、仙谷官房長官に贈りたい。 中国との外交問題に当てはめてみます。 中国は外交を血の流れない戦争と捉えて日本を徹底的に攻撃・圧力をかけてきました。 フ...
記事

東京16区(江戸川区)小岩駅にて。感謝でした!

本日は昨年の衆院選で立候補した、東京16区(江戸川区)の小岩駅で朝8時からご挨拶(辻立ち)しました。 江戸川区の幸福実現党の仲間たちとチラシを配布しながら挨拶させていただきました。 昨年よりご支援、ご声援くださっている地域の皆さんへの感謝は尽きません。 ご挨拶をしていると、声をかけてくださる方、握手を求めに来てくださる方、本当に嬉しかったです。 歩いている方々に語りかけていると、心の底からいとおしく、江戸川区を光り輝かせ、日本の繁栄のために尽く...
記事

北海道5区衆院選補欠選挙がいよいよ告示。日教組について。

本日、10月12日は北海道5区衆院選補欠選挙の告示日です。 幸福実現党からは、森山よしのり氏が立候補します。立木党首も10時の街宣に駆け付けました。 北海道教職員組合(北教組)幹部らによる民主党小林千代美元議員陣営への違法献金事件によって、民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)が辞職したため、北海道5区補欠選挙がおこなわれることになりました。 民主党の支持母体である日教組(北海道では北教祖)による「政治とカネ」の問題が原因でした。 では、日教組ではど...
記事

アジア・アフリカに平和と繁栄を

本日、10月11日は愛知県体育館で、大川隆法総裁講演会でした。タイトルは「宗教の復活」 非常に感動と感銘を受けたので、私が印象に受けた感動した箇所を大まかにお伝えしたいと思います。 ノーベル平和賞を受賞した、劉暁波氏。 中国の一党独裁を止めて民主的な国家へと主張したら、11年の実刑判決となった。 NHKやCNNの中国国内のニュースは、ノーベル平和賞についての報道の箇所は「ブラックアウト」となって、何も知らされないようになっている。 日本の政界も経...
記事

サムライ国家ニッポンよ、甦れ!

日本は一体いつから、こんな腰ぬけ国家になったのか。 逃げ、弱腰、土下座、腰抜け日本を作ってきたのは、戦後の政治家とマスコミです。中国の顔色を伺い、中国に都合のいいことばかりを書くマスコミと、そのマスコミの顔色と中国の顔色を伺う、御用聞き政治家。 たとえば、 中国人初のノーベル平和賞を、投獄中の民主運動家・劉暁波が授与しました。中国政府が反発を強めている顔色を伺って、祝福の言葉も言えない菅総理。まことに情けない。 中国の温家宝首相と会っても、「人質返せ」...
記事

北海道5区補欠選挙を応援してきました(^-^)

. 本日は朝から北海道5区補欠選挙の支援活動をしてまいりました。 朝8時から森山よしのり候補と共に、新札幌駅前で街宣活動を行いました。通勤通学前の皆さんに、森山よしのり候補の魅力(誠実さ、ウソをつかないなど)、尖閣危機に見る国難、北教組問題、地域活性化政策を、森山候補と共に、熱く語ってまいりました。 新札幌駅前街宣で、森山候補とはお別れ。森山候補は毎日朝5時から農家や漁港を中心に挨拶に回っています。頭が下がります。 新札幌の後は、石狩方面へ。 ま...
記事

東トルキスタン(新疆ウイグル)の侵略劇。尖閣諸島に見る日本の未来。

今、尖閣問題で日本にはどのような危機が迫っているのか。それは、過去の歴史から学ぶことができます。チベットと並ぶ中国共産党の植民地として決して忘れてはならないのが東トルキスタン(新疆ウイグル)です。 少し長いですが、お読みください。 尖閣諸島を「核心的利益」としたということは、東トルキスタンと同等の扱いにするということです。 東トルキスタンは面積は166万平方kmで、リビアについで世界第18位。人口も2000万人弱に達し、世界第54位である(とはいって...
記事

子供の虐待に思う

東京都江戸川区で今年1月、小学1年の岡本海渡(かいと)君が虐待を受けて死亡した事件で、父親に懲役8年、母親に懲役5年の判決となりました。未来のある子供が虐待され、命を落とすということは悲しいことです。 私も、7歳、4歳、0歳の子供がいるので、人ごとではありません。 平成18年の統計では、児童虐待相談対応件数は37,323件。(アメリカ88万人、ドイツ31,000人、フランス18,000人) 虐待されている児童の年齢は、小学生39%、学齢前児童42%。 虐待しているのは...
記事

中国はいかにチベットを侵略したか。

おはようございます。「尖閣を守れ!デモ」ありがとうございました。 中国の顔色を伺うマスコミは相変わらず、報道しませんが、日本の国難を打破するために頑張ってまいりましょう! 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」は、10月2日、中国外交筋の話として、同国が今年、尖閣諸島のある東シナ海や、ベトナムなどと領有権を争う南シナ海を、国家の領土安全にとって最重要な、「核心的利益」に属する地域とする方針を新たに定めていたと報じました。本日の産経新聞にも報...
記事

尖閣諸島から日本を守れ!新宿、沖縄デモ!

本日、全国の幸福実現党を中心とする、有志が集い、新宿と沖縄において、尖閣諸島を中国から守るためのデモ行進を行いました。 新宿では3,000人、沖縄で1,200人の有志が集まり、中国の暴挙から日本を守るべく、声をあげました。 全国から集った仲間たち。中には、大分から車で丸一日かけて駆けつけてくれた仲間もいました。大いに勇気づけられます。 私は第一グループに入って、日曜日の新宿を歩きました。途中から、ついき党首、木村副党首と共に街宣車に乗り込み、沿道をデモ行進する仲間たちに...