記事

娘が立った!ー小さな成長は大きな喜び。

[caption id="attachment_1948" align="aligncenter" width="225" caption="よたよたと立ち上がり、10秒、20秒…。自分でもビックリ!"][/caption] 二女(0歳)が立ちました。ヤッター(^O^) 立つ時は、突然立ちますね。 家族みんなに褒められるのが嬉しいみたいで、 褒められるたびに、自分でパチパチ拍手したり、 ばんざーいと手をあげたり。 嬉しくて、何度も何度も立ち...
記事

MY選挙区で一斉ローラー、そして写真撮影。

2月27日は、我が選挙区(東京16区)である湾岸支部の一斉ローラー活動日。 スタートは午後1時から。 私は途中で抜けなければならなくなるため、午前中から活動開始。 以前お寿司屋さんをしていたTさんのお客様を中心に、Iさんと3人でご挨拶。 ポスターや支持者の新規開拓が進みましたぁ。 そして、午後1時。湾岸支部メンバー十数名が集まり、政治活動は感謝から。 まずは、政界浄化祈願。私が導師を務めさせていただきました。 感動、感謝でした。 ...
記事

愛知6区福原まゆみさんを応援しよう!!

2月25日(金)、26日(土)の2日間、 愛知6区候補予定の福原まゆみさんの応援に行ってきました。 24日に福原まゆみさんの出馬記者会見を行いました。 24日の夕方のNHKニュースではしっかりと報道され、翌日の新聞にも5紙で取り上げられました。 戸別挨拶と街宣活動。 最初の街宣は、ヤマダ電機春日井店の開店前に並んでいる人に向けて行いました。 行ってみると、3DS発売日でたくさんの親子の行列。 私が「おはようございます」と挨拶す...
記事

「リビア軍、反体制派にミサイル攻撃!」リビア解決へ、米空母3隻を展開!!

世界中がかたずを飲んで見守る、リビア情勢。 【リビア軍、反体制派にミサイル攻撃 西部都市で抵抗】 http://s.nikkei.com/hpTupC という記事があります。(参考記事は最後に掲載) カダフィの政権が崩壊することは時間の問題だと 誰もが思っていることでしょう。 リビアでは、首都トリポリとシルテを除いた、 トプルク、デルナ、ベイダ、ベンガジ、アジュダービャ、ミスラタ、サブラタが反政府軍に制圧されました。 カダフィは、...
記事

財政健全化の王道は、増税ではなく、経済をよくすること。

2011年2月23日 の産経新聞【正論】で、慶応大学教授・竹中平蔵氏による 【社保・税改革に3つの欠陥あり】という記事がありました。 主な内容は、民主党政権が進めている「税・社会保障の一体改革」に対して、 竹中氏は「経済・財政の一体改革」が必要であり、 「財政健全化の王道は、増税ではなく、経済をよくすることである」 と述べています。 これは、幸福実現党が主張している「経済成長による税収増」と同じ主旨です。 少し長めになりますが、紹...
記事

頑張れ!谷本明さん!!IN徳島

[caption id="attachment_1898" align="aligncenter" width="360" caption="徳島市議候補予定の谷本明さん。一緒に写真を撮りそびれましたのでミニパンフの写真です。"][/caption] 徳島に行ってきました。 徳島市議候補予定の谷本明さんの応援です。 幸福実現党から擁立することになりました。 谷本明さんは、56歳、初挑戦。徳島県幹事長です。 生まれも、育ちも徳島県徳島市。生粋の徳島...
記事

自衛隊第1空挺団、習志野駐屯地を見学。

[caption id="attachment_1889" align="alignleft" width="300" caption="第一空挺団の降下訓練。今日は見れませんでしたが、学生時代はキャンパスからよく見かけました。"][/caption] 陸上自衛隊習志野駐屯地を見学してきました。 習志野駐屯地は、陸上自衛隊最強と言われる、第一空挺団と特殊作戦群を要する精鋭部隊です。 「精鋭無比」をモットーに、誇りと伝統のある部隊です。 かつて、私が...
記事

生前の徳を偲び、ご冥福をお祈りします。

本日はショックなことがありました。 本日の早朝、私が選挙区で大変お世話になった、Iさんが亡くなりました。 まだ50という若さでした。 2009年の衆院選の時には、夏の暑い中、ポスター貼り、戸別訪問、チラシ配布など、 獅子奮迅の活躍をしてくださいました。 私は先週の水曜日に江戸川区小岩の江戸川支部でIさんにお会いしました。 その時はIさんはお元気で、「また一緒にご近所を回りましょうね」と ご挨拶したことを鮮明に覚えています。 私は...
記事

中国専門家(発言)「北方四島はロシア領。わが国は開発に大胆に参画せよ!」

2011年2月17日北京師範大学国際関係研究所の李興所長は、 「ロシアが実効支配を続ける北方領土(北方四島、ロシア名は南クリル群島)の開発に、中国は大胆に参画せよ」 とする文章を発表した。環球網が同文章を掲載しました。 以下、紹介したいと思います。 (転載始め) =================================== ■「日本が不愉快に感じても、関係ない」 李所長は、中国が開発に「大胆に参画すべき」理由としてまず、...
記事

北方領土外交の打開に向けて。ロシア問題を冷静に見る。

ロシアの北方領土政策について菅首相が「許しがたい暴挙」と言って、 威勢のいい非難をした途端、 ロシアは北方領土に揚陸艦2隻の配備など、より一層実効支配を強める動きに出ました。 これは、一国の総理が公式発言で「許しがたい暴挙」と発言したら、 外交としては普通、軍事行動も含めた発言と受け止めます。 ロシアは「日本は自衛隊配備の再強化も含めて北方領土奪還してくる」前提の動きをしています。 その意味では、沖縄の「抑止力は方便だった」発言で非難轟...