書評

首相が靖国参拝してどこが悪い!!①

明日は8月15日、終戦記念日です。終戦から66年が過ぎました。 大東亜戦争(太平洋戦争)で亡くなった英霊たちに心よりご冥福を祈ると共に、 日本の平和のために、決意を新たにする次第です。 民主党政権になってからは、首相は靖国参拝をする気などさらさらないためか、 あまり騒がれなくなりましたが、自民党政権時代は、毎年の話題でした。 そこで、新田均著『首相が靖国参拝してどこが悪い!!』を参考に、「靖国参拝」について考えてみたいと思います。 ...
書評

『7・5ウイグル虐殺の真実―ウルムチで起こったことは日本でも起きる』

『7.5ウイグル虐殺の真実―ウルムチで起こったことは、日本でも起きる』(イリハム・マハムティ世界ウイグル会議日本代表著)の中で描かれている、 リアルな惨劇は、このまま日本が無策のまま行けば、「日本の未来はこうなる可能性がある」 そんな内容です。そのような目で見ると、戦慄が走る内容です。 書籍の内容ではありませんが、実際に、東トルキスタン(新彊ウイグル自治区)で起きていることを映像で紹介します。 漢民族(中国人)がウイグル人をひたすら殴り...
書評

エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う

8月6日は広島原爆投下の日、9日は長崎原爆投下の日です。 原爆の悲劇を二度と繰り返さないための「平和」について考え、決断する日でもあります。 今年は、福島第一原発の放射能事故があったため、菅首相の「脱原発発言」を皮切りに、 「脱原発か否か」の議論が相変わらず繰り返されています。 本書、『エネルギー論争の盲点』は、「原発か再生可能エネルギーか」という不毛な論争ではなく、「エネルギーの盲点になっている天然ガスと分散化」が日本を救うというものです。...
書評

民主党闇法案「外国人住民基本法」を許すな!

今週の幸福実現TVは、『日本が中国の「自治区」になる』の著者、坂東忠信氏をお招きして、「日本が中国の自治区にならないために」をテーマにお送りします。 坂東忠信氏は、北京語通訳捜査官、刑事として警視庁に勤務。 約1,400人もの中国人犯罪者や参考人を対応していた、「中国人エキスパート」。 番組では、「日本人と中国人の思考回路の違い」、「中国人の移民の実態~今、日本で何が起きているのか(沖縄数次ビザ等)」、さらに、民主党の闇法案(特に「外国人住民基本法」)の実態...
書評

8.6広島平和記念日。広島への原爆投下は実験だった。

[caption id="attachment_3185" align="aligncenter" width="500" caption="宇都宮の総本山未来館で行われた「宗教立国実現!総決起大会」研修の様子。私も参加。"][/caption] 8月6日は、広島平和記念日です。1945年に広島に原爆が投下された日。 原爆死没者慰霊碑の石室前面には、「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と刻まれています。 主語のない曖昧な文章は、一体誰の...
書評

新・所得倍増計画withついき秀学党首

Video streaming by Ustream 7月28日の幸福実現TVは、ついき秀学党首と共に、「新・所得倍増計画」をテーマに 対談しました。 現実は、1997年から十数年で日本の平均所得は60万円も減らしてきました。 GDPが1%程度上がっているとは言っても、実際の収入が下がっては実感がありません。 幸福実現党は、まず、10年間で所得を倍増することを明言しています。 ...