記事

共謀罪の無理やり採決の向かう先。

いわゆる「共謀罪」について、中間報告といった姑息な手段を使って、採決を強行しようとしています。

中間報告は、「緊急を要するもの」を採決するために行うものです。

共謀罪は、こんや4時に採決しなければならないほど、緊急ではありません。

与党の都合では「早い方がいい」というもの。

国民目線には立っているとは、全く言えません。

私は左翼の立場ではありません。

考え方としては、保守です。

しかし、この「テロ等準備罪」と言う名の共謀罪には反対です。

共謀罪が設けられれば、277もの犯罪について計画段階での処罰が可能となります。

処罰対象が多過ぎ、政府や与党が否定しても、結果として、国民を恐怖で縛ることになる法案です。

捜査当局の行き過ぎた対処もみられるなか、共謀罪は、盗聴をはじめ捜査権濫用や人権侵害を招く恐れが極めて強い、恐ろしい法案です。

「誰が、あやしい犯罪集団かどうか判断するのか」を考えると、どうにでもなる危険性に満ちています。

オリンピックに向けて、テロを防ぐために、現行法で防ぐ方法を徹底的に考えるべきで、それでも、テロ等準備罪のような法案が必要とあれば、対象犯罪を極力絞り込んで行うべきです。

危険なままの共謀罪は廃案とするべきです。

こんな危険な法案を、急いで、無理やり通そうとする安倍首相は、一体、どこへ向かおうとしているのか。

日本は、ジョージ・オーウェルの「1984年」の世界へと向かっていると感じずにはいられません。

テレビカメラや警察、マイナンバーで全てを管理される「全体主義社会」を好きな人はいないでしょう。

自由な国日本を守らなければなりません。

Be Positive!
幸福実現党 小島一郎

おすすめ情報
記事

不法移民の聖域、アメリカ「サンクチュアリ・シティ」

先週に引き続き、『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(江崎道朗著)より、もう一つ紹介させていただきたいと思います。 アメリカには、「サンクチュアリ・シティ」(聖域の町)という言葉があります。 アメリカの保守系の人達が使っている言葉で、ほとんど日本でも知られていません。 「左翼活動家に牛耳られ、不法移民などによる不法行為が野放しになっている地方自治体」のことです。 極左活動家と犯罪者の温床になっていると言います。 この「サンクチュアリ・シティ」...
記事

中小企業のマイナンバーは1.3%って?

マイナンバー制度について、TVで報道される機会が増えてきました。 早速、詐欺事件も起き始めています。 本当に大丈夫なのか? 心配な方は多くなる一方です。 気になるのは、セキュリティ対策。 中小企業のマイナンバーの準備「完了」は1.3%(ソリマチ調査より)。 「まだ何も着手していない」が50%。 (マイナンバー制度への対応状況〔ソリマチ調査〕) 特に、中小企業においては、対策費用にかなりのコストがかかるため、重い負担と...
記事

どうする?マイナンバーの登録申請が届き始めた。

どこに行ってもマイナンバー制度について聞かれます。 本日は10月1日。 5日には、各家庭にナンバー通知が届きます。 その前に、「マイナンバー通知が届いたら、家族の番号も含めて提出を求める」通知が、お勤めしている企業などから届き始めています。 事業体は、源泉徴収票、健康保険の提出などに扶養家族も含めたマイナンバーを記載することが必要(義務)になっているといいます。 ビックリです。 最初は、任意でスタートと言いつつ、これでは、ほぼ強制ではないか...
記事

STOP!「最強闇法案セミナー」の反響。

埼玉県草加市で、「STOP!最強闇法案セミナー」「マイナンバー制度」についての勉強会を開催しました。 このブログでも、最強闇法案「マイナンバー制度」は大反響でしたが、セミナーでも参加した皆さんは衝撃だったようです。 「マイナンバーについては、何となく知っていて、良くないものだとは思っていたけれど、実際にちゃんと知ると、恐怖の法案で、絶対に実現させてはならないと思った」 「(マイナンバーが義務化されると)共産主義国家よりも怖い社会になる。戦慄だ」 「正直...
記事

近づく「最強闇法案」。

ありがとうございます。小島一郎です。 いつの間にか、最強の闇法案が迫っています。 名前は、「マイナンバー法」です。 これは、簡単に言えば、あの不評だった「国民総背番号制度」の復活です。 欲しくもないのに「マイナンバー」と、柔らかいネーミングなので、私たち国民にはピンと来ないままに進んでいます。 2015年10月にマイナンバーの通知が届きます。 2016年1月から、施行となります。来年は、何事もなく、申告書などに番号を記載するだけ。 「...
記事

異常な「韓国の反日政策」

韓国にはびっくりするような反日政策があります。 『いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけの理由 (WAC BOOK)』(三橋貴明著)の中で書かれておりましたので、紹介します。 その名前は、 「親日法」と呼ばれる法律です。一見、良い法律なのかと思ってしまいます。 実態は真逆です。 2005年に公布されました。「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」です。 「親日的で韓民族の利益に反するような行為をした者の財産を没収する」法律です。 現在だけでなく過去にまで遡っ...
記事

恐怖の闇法案、閣議決定。

昨日、9月18日、民主党野田政権は、闇法案「人権救済法案」(人権救済機関設置法案)を閣議決定しました。 一人でも反対者がいると閣議決定できないためでしょう。法案に難色を示している松原仁国家公安委員長が外遊している間に決めてしまいました。 この「人権救済法案」(民主党マニュフェスト詐欺!!「人権侵害救済法案」https://kojima-ichiro.net/2747.htmlも参照)は、民主党が狙っているもう一つの闇法案、安易な「外国人参政権」と合わさった時に、猛威をふるう...
記事

民主党に人権救済機関法案反対議連 月内発足へ

「民主党に人権救済機関法案反対議連 月内発足へ」という記事がありましたので、紹介します。 8月に「人権侵害救済法案の基本方針」(参照:「8/3詐欺的に通そうとする民主党「人権侵害救済法案」基本方針。 」)が発表されましたので、その後の動きになります。   政府・民主党が来年の通常国会に提出を目指す「人権侵害救済法案」に反対する民主党議員が今月下旬に議員連盟「真の人権擁護のあり方を考える会」(仮称)を発足させることが4日、分かった。 この法案には自民党にも反...
記事

かんたん解説「人権侵害救済法案」を断固阻止!

民主党代表選が白熱する中で、民主党闇法案「人権侵害救済法案」に対する検索、アクセスが増えています。 民主党がこっそりと、法案を通そうと着実に進めているため、多くの方が危機感を持ち始めているからでしょう。 6月に幸福実現TVで放送しました「人権侵害救済法案」を10分にまとめてYouTubeにアップされていましたので紹介します。 (編集してくださった方に感謝) コンパクトにまとまっていますので、人権侵害救済法案?と、気になる方には、まずご覧いただきたいと思います。 ...