記事

なるほど!「金融危機をマルクスで読む」

先週に引き続き、池田信夫先生のアゴラ経済セミナーに参加。 今週のテーマは、マルクスの『資本論』の解説から金融危機を読み解く。 池田「マルクスは労働価値説を否定していた」 私の心の声「何っ!?では、何を考えていたのか?」 池田「労働価値説を否定しているが、ハッキリと答えは出していません。 あちこちに散らばっているマルクスの文章を読み解くと、 相対的価値説=唯名論です。」 私の心「要は何なんだ?」 池田「要は、人間が価値を決める...
記事

アダム・スミスは「既得権益オヤジ」と戦っていた!

アゴラ連続セミナー 池田信夫「経済問題で古典を読む」に参加してきました。 本日は、「アダムスミス」。 タイトルは、『国富論』と啓蒙的個人でした。 目から鱗が落ちる、分かりやすいセミナーでした。 アダム・スミスの国富論では、主に 「重商主義」を批判したのだと。 「重商主義」とは、領主や王様に既得権を守られていた、 封建制を批判し、国内の「既得権オヤジ」(民主党と労働組合、日教組見たいなもの)たちから 「規制緩和」するこ...
記事

日本経済の輸出依存度は10.7%。日本は輸出依存国ではない!

「日本は資源のない貿易立国なので、資源を輸入して工業製品を輸出して成り立っている。 だから、円高になると大打撃を受ける。」と、 マスコミでは報道し続けています。 そうしているうちに、円高はドンドン進み、80円台へ。 いよいよ、輸出産業は大打撃を受け、不況は深刻化か! と、 マスコミは煽り立てます。 しかし現実は、消費者は、 円高還元セール、外国旅行が安い等、 さまざまな恩恵を受けているという感覚の方は多いのではないでしょうか。 ...