記事

遺伝子組み換え食品・ゲノム編集食品と表示義務。アメリカ・ヨーロッパ・日本。

ゲノム編集食品もさることながら、遺伝子組み換え食品にどのようなものがあるのか。

ゲノム編集食品は、「GABAが多く含まれるトマト」「毒芽のないジャガイモ」「肉付きのいい真鯛」などです。

遺伝子組み換え食品とはどのようなものだろう?と、知らない方が多いです。

除草剤をまいても枯れないトウモロコシや大豆、小麦等があります。2倍以上に成長するサーモン。

雑草は枯れても、遺伝子組み換え大豆やトウモロコシは枯れません。

その除草剤には「発ガン性がある」と2015年には発表されています。

ヨーロッパでは表示義務が厳格ですが、アメリカには義務はありません。

日本はアメリカ追従型です。

遺伝子組み換え食品に表示義務はあることになっていますが、醤油の原材料や家畜のエサに使用している場合、表示義務はありません。

それでいいのでしょうか?

映像をご覧いただければと思います。

→ https://youtu.be/v75V73pwioo

channel登録をお願いします。

幸福実現党 小島一郎

おすすめ情報
記事

グローバリズムvs国家主権=反グローバリズム。

「ホンネで選ぶ」今回のテーマは、「グローバリズムVS国家主権=反グローバリズム」です。 これは、「習近平VSトランプ」でもあります。 また、伝統的な「保守VSリベラル」に加え、現代における新しい軸であり、最大の課題です。 アメリカで整理してみました。 イギリスのEU離脱やトランプ大統領の登場は、「反グローバリズム=国家主権&保守」の潮流です。 世界の大きなトレンドです。 安倍首相は、「グローバリズム&保守」です。 ...
記事

遺伝子組み換え食品、アメリカで起きていること。日本は?

現在アメリカでは、食物アレルギー人口が急増しています。 その数は1500万人、うち600万人が18歳以下の子供だと言います。(食べ物とアレルギーについての研究機関の調査) 日本でも増えています。 アメリカの食品の80%、加工食品の85%は遺伝子組み換え原料が含まれています。 簡単に言うと、遺伝子組み換え作物の8割は、除草剤をかけても枯れない遺伝子に組み替えられた作物です。 大豆、小麦、トウモロコシ、ピーナッツなど。 主に使われている除草剤は...