感謝!「河野・村山談話白紙撤回署名」90名集めてくださった一般の方。

6月20日(日)は、私が育った埼玉県川口市の支援者宅を回らせていただきました。

幸福の科学川口支部の皆様に大変お世話になりました。ありがとうございました。

7月7日にさいたまスーパーアリーナで予定されている、大川隆法総裁の御生誕祭御法話「人類史の大転換」へのお誘いと、今、幸福実現党で推し進めている、「『河野・村山談話』の無効を宣言し、自虐史観を一掃する『戦後70年談話』を求める署名のお願いをしました。

昨年の衆院選の時にお世話になった方とお会いするまたとないチャンス。本当に貴重な時間でした。

ある町会長さんは、自宅に上げてくださり、お茶をしながら「河野・村山談話」について話しました。絶対に、変えていかなくてはいけない!と、たまたま遊びに来ていた娘さんやご家族の署名もその場で取ってくださりました。ペリリュー島守備隊長中川州男大佐について話題に出すと、「ペリリュー島には一度行きたいと思っているんです!、、、」と、尊い犠牲を払った英霊への想いを話してくださいました。

昨年の選挙でお世話になったある方は、党員ではありませんが、90名の署名を集めて待っていてくださいました。「このままでは日本が危ない!本当のことを言っているのは幸福実現党だけ」と、熱心に応援してくださっています。ありがたいことです。宗教的な理由により、党員にはなられませんが、町内の顔の方が、熱烈に応援くださっています。

この方は、御生誕祭のお誘いもしてくださっています。感謝です。

別のご家庭では、「どうせ今の政府は、新しい談話は出せないよ。河野・村山談話を否定したら、中国韓国からの批判は酷くなるので、よほど根性がなければ新談話は出せない。安倍さんも結局、玉虫色なことを言って誤魔化すんだから、署名はいいよ」と言っていた方とも、じっくりお話させていただきました。

お話を伺いつつも、集団的自衛権についてや年金の問題について、皇室について等、話は多岐にわたり、意見が一致しないところもありましたが、話は盛り上がり、署名は書いてくれました。

現政権とは違って、何か根性がありそうだと思ってくださったのかもしれません。

私の高校の時の友人とも会えて、ローカルな話題で盛り上がりました。私の友人と一緒に回ったSさんと私の3人が、以前同じ地域に住んでいたことがひょんなことから分かり、グッと心の距離が縮まりました。不思議な縁というものがありますね。

午前、午後とそれぞれ一緒に回ってくださいました、Mさん、Sさん、Aさん、本当にありがとうございました。

image
(午前の部を終えて、川口支部にて)

image
(午後の部を終えて。最寄り駅にて)

image
(午後の部を終えて、雨上がりの夕方。最寄りの駅にて)

川口支部でいただいたお昼が本当においしかったです。お料理を作ってくださったNさんありがとうございました。

天気予報では一日雨でしたが、ほとんど降られずにすみました。

感謝、感謝の一日でした。

家に帰ると、小3と幼稚園の娘が父の日プレゼントと父の日の料理を作って待っていてくれました。心がホッコリする、いい一日でした。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事

コメント “感謝!「河野・村山談話白紙撤回署名」90名集めてくださった一般の方。”

  1. ぜんちゃん、

    最後の2行に、胸打たれました。

    返信

コメントをどうぞ