大義なき、消費増税延期選挙。

GDPは2期連続でマイナス成長との結果が出ました。

今年4月の増税の影響が、「思った以上に深刻」と、驚いているようですが、

残念ながら幸福実現党が立党した2009年以来、一貫して「深刻な不況を招く消費増税をしてはいけない。」と言い続けていた通りになってしまいました。

『忍耐の時代の経営戦略』にあるように、1年前から「景気回復と増税による財政再建を両立させようとするアベノミクスは失敗する」と、提言しておりましたが、結果としては、国民の生活に負担を上乗せするだけになりました。

今回の景気低迷は、東日本大震災、リーマンショック以来です。

経済失策による人災です。

自民党、公明党、民主党の三党合意で消費増税を決定したわけですから、アベノミクスを批判する民主党も同罪です。

私たち生活者は、「消費増税」や「円安による燃料費や電気代などの値上げ」によって、「収入は上がらず、生活費は増える」という厳しい現実と向き合っています。

国民の生活苦を引き伸ばすだけの「消費増税の先延ばし」に大義は全くありません。

しかも、次は、「景気条項」を削除して確実に増税に踏み切る体制を作ろうとしている安倍政権のどこに「国民視点」があるのでしょうか。

幸福実現党は、国民視点に立ち、「減税からの経済成長」を掲げてまいります。

これ以上、経済政策の失敗で苦しむ姿を野放しにはできません。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事

コメント “大義なき、消費増税延期選挙。”

  1. 坂上真之

    <幸福実現党「限界突破」必勝のシナリオ>

    日本中に風雲を巻き起こす21世紀の赤壁の戦い!

    衆議院選挙2014「霊性革命」霊言選挙!

    天上界と一体となり奇跡の戦いで勝利せよ!

    返信

コメントをどうぞ