偏見を破る力。

選挙戦も終盤戦。あと3日。投票日を入れると、あと4日。

幸福実現党は最後の最後まで、戦い抜きます。

全国の後援会の皆様の御尽力によって、お一人お一人への投票依頼が続いています。

心より感謝申し上げます。

全国各地での候補者による街頭演説、各メディア、ネット広告、Facebookやツイッターなどによって、飛躍的に幸福実現党の認知度は上がっています。

しかし、ネットなどでコメントを見ていると、認知度は高まっても、幸福実現党への理解度にはまだまだ課題があります。

「政策は一番まともなんだけれども、、、投票までは、、、」など、宗教政党への偏見が根強いからです。

偏見を打ち破り、投票に直結するポイントがあります。

幸福実現党を支援している人間の人柄に触れることが一番効果的です。

特に、友人、知人、縁ある人から直接お願いされることです。

候補者と直接接することも強力です。

参院選は選挙区が広いため、候補者と接する機会は減ります。だからこそ、身近で候補者を知っている後援会からの直接のお願いは、極めて有効です。

顔を知っている人からの1回のお願いは、100枚のチラシに勝る強力な効果があります。

ご家族の投票も合わせておねがいすれば、1回で2票、3票固まることもあります。

何年も会っていない、場合によっては20年会っていなくても、久々に会ったり、声が聞けるのは嬉しいものです。

迷ったら電話してみる。会いに行ってみる。勇気と行動あるのみです。

まだ投票先を決めていない人が多勢います。

全国の幸福実現党後援会の皆様、お知り合いへの投票依頼をもう一段お願い致します。

有権者の皆さん、どうか、幸福実現党メンバーの直接の声に耳を傾けて頂き、「今回は」と、幸福実現党を選択ください。

これからが本番です。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメントをどうぞ