東京都議選と投票率アップ法。

都議選が終わりました。

自公が全勝。民主党が大きく議席を減らしました。共産党、みんなの党も議席を伸ばしました。

一方、投票率は43.5%で、史上2番目の低さでした。

都議選の報道は多いのに投票は少ない。

「どうせ自民党が勝つんでしょ」と、思いながら他の支持政党を見出せなかった人の受け皿は、投票拒否ではないかと思います。

そうなれば、組織票を持つ自民、公明、共産が有利になります。

つまり、反自民票はどこにも入らない選挙とも言える、白けた選挙が都議選だったのではないかと思います。

白ければ白けるほど有利になることもあってか、投票率アップをそれほど意識していないように見えるのは、私だけでしょうか。

保守的な考えを持ちながら、自民党には入れたくないと考えている方に確実に幸福実現党支持お願いして、シッカリと参院選の勝利を実現していきたいと、決意を新たにしました。身近な人を大切にしたいと思います。

それにしても強く思うことは、「投票率を上げて政治参加を呼びかけるための工夫が足りないのではないか」ということです。

今時、学校が投票所として固定されているのがいいのか、見直すべきです。

馴れない学校の投票所に行くのも怖いという人もいるようです。

例えば、都市部では主要な駅で投票できるようにしてはどうでしょうか。特に、期日前投票には有効だと思います。

駅は使い慣れた場所ですので、気軽に行けます。

仕事帰りやデートのついでにも投票できます。

地方は、イオンや地元の複合デパートを投票所にすることもできます。売上アップにつながるので、WINーWINの関係でできると思います。

投票用紙を持って行くと、ポイント還元になるセールを合わせて行うと、意識が上がると思います。セールに合わせて投票に行くようになるのではないでしょうか。

政治参加は大切ですし、政治は祭り事、お祭りです。もっと盛り上がる工夫をすれば、まだまだ投票率は上げられるはずです。

今までの枠組みを外して考え直す時がきているのではないでしょうか。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事

コメント “東京都議選と投票率アップ法。”

  1. デーグー

    幸福実現党のホームページ・・・党首役員は出てますが

    全国に立候補したんでしょ??!

    今現在、
    誰が何処で立候補とか解りません!

    早急に対処しないと・・・間に合いません!

    返信

コメントをどうぞ