国防ポピュリズム。

本日のリバティWEBでも報じていますが、自民党は沖縄の普天間基地の移設について、党本部と沖縄県連との意見が一致しておりません。

自民党の公約に「普天間基地の辺野古移設を明記」するとようやく決めたところです。

それでも、地元の自民党沖縄県連は今だに「普天間基地の県外移設は沖縄県民の総意」と、党本部との意見の相違が目立ちます。

これは2010年の沖縄県知事選の時と同じ構図です。

自民党は仲井真現知事を推薦。しかし、仲井真氏もまた、普天間基地は県外移設を主張。それに対する伊波氏もまた普天間基地は県外移設を主張。

それに対して、幸福実現党から金城タツロー候補を擁立し、「中国や北朝鮮の脅威から日本を守るために日米同盟を堅持し、普天間基地は辺野古に移設すること」を訴えました。日本の国防上の危機の時に、これ以上、日米間の亀裂を深めてはならないからです。

自民党沖縄県連からは、「仲井真氏は本当は普天間基地は辺野古へ移設するべきと思っているが、選挙に勝つためには県外移設を言わざるを得ない。幸福実現党も保守政党として候補者を立てずに仲井真氏を応援してほしい。」という打診もありました。

しかし、選挙に勝つために嘘をつくことはできない。正論を貫く政党がなければ、日本を守れないと、金城タツロー氏は、沖縄県知事選を戦いました。

結果、仲井真氏が当選。

今だに、仲井真氏は普天間基地の県外移設を主張し、政府をゆすり続けています。

これで分かるとおり、普天間基地の県外移設を訴え、国益を考えない自民党沖縄県連に対して、厳しい指導をしなければ、獅子身中の虫を抱えているようなものです。

私見ですが、沖縄県については、幸福実現党金城タツロー氏を自民党公認にする道を検討してみてはどうか。日本を守るために、沖縄県だけは手を組むということはあり得ます。自民党沖縄県連が改心するキッカケにもなります。

日本を本気で守る気があるならば、そろそろポピュリズムを止めるべきです。

国防ポピュリズムでは国が滅びます。

幸福実現党はブレません。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事

コメントをどうぞ