日本人としての誇りを貫いた男。


先日、ブログで紹介しました、『海賊とよばれた男 上』『海賊とよばれた男 下』のモデルである出光佐三氏の生涯を記した、『出光佐三 反骨の言魂ー 日本人としての誇りを貫いた男の生涯 (PHPビジネス新書)』を読みました。

戦後、全ての資産を失い、仕事もない時に出光佐三が言い放ち実行したことは、「八百人を超える海外の社員は、最後に残った唯一の資本じゃないか。『人間尊重』を唱えてきた出光が、たかが終戦ごときに慌てて、彼らを首にしてはならん」ー家族のごとく大切にしている、社員を一人もクビにしませんでした。

誰もが、「仕方がない」と、思える悲惨な環境下での決断、断行です。

戦後の貧しさの中、どんなに苦しくとも、一切、解雇せず、社員を守り、日本の復活のために尽くす真摯な姿勢は、胸を打ちます。

英米を欺き、官僚に楯突き、戦後の日本人に希望を与えた男ー出光佐三。

事実は強い。

どのような厳しい環境であっても信念を貫くことは、人を感動させます。

幸福実現党は、2009年の立党以来、他の政党が腰が引けて主張できないこと(国防、減税、原発再稼働の必要性など)を一貫して訴え続けております。

真に日本国民と国益を第一に考え、信念を貫き続けてまいります。

『出光佐三 反骨の言魂 日本人としての誇りを貫いた男の生涯 (PHPビジネス新書)』は、私たち幸福実現党の原点を思い出させてくれる一書です。原点を大切にしたいと思います。

※まことに恐縮ながら、Twitterの凍結が未だに解除されないため、可能な方はツイートをお願いします。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメントをどうぞ