中国にハッキリ言うこと。

中国外務省の洪磊副報道局長は26日の定例記者会見で、日本の高校教科書検定で沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を「日本の領土」と明記した教科書が合格したことについて、「日本が歴史と現実を正視するよう望む」と述べました。

さらに、洪氏は日本に対して「過ちを正して、両国関係の改善のために本気で努力するよう」要求。

盗人猛々しいとは、まさにこのことです。

日本政府は、 「内政干渉はやめなさい」と、中国の報道副局長に対して言うべきです。

さらに、「日本も、中国の偏向教科書や抗日記念館など、嘘で塗り固められた反日歴史観に対して徹底的に抗議する」意志を示すべきです。

中国政府は、日本が何も言い返してこないと、たかをくくっています。

中国を語黙らせるためには、日本政府は真実を明確に述べることです。

日本の国益のために、「はっきりと物を言える日本」 への脱皮を、今こそ望みます。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事

コメントをどうぞ