思わず笑ってしまう、マーフィーの法則。

先人達の経験則を集めたマーフィーの法則(Murphy’s law)。

これを読んで、明日も元気に頑張ろう!

ユーモアや哀愁を多く含み、「あるある!」となるものばかりです。

マーフィーの法則の基本精神

・起こる可能性のあるものは、いつか起こる。

・うまくいかなくなりうるものは、うまくいかなくなる。

・うまくいかなくなるいくつかの方法があるとき、そのうちでも最悪のものが起こる。

・何かを行うのに複数の方法があり、それらの方法のひとつが破滅的な結果を及ぼすものであるとき、誰かがそれを実行する。

・うまくいかなくなる方法がない時でも、うまくいかなくなる。

・だからといって放っておいた場合、悪い状況からさらに悪いの状況に自動的にシフトする。

マーフィーの法則

・作業場の法則:作業場で道具を落とすと、もっとも手が届きにくい隅っこに転がり込む。

 (補足)その際、必ず落とし主のつま先に当たってから、その隅っこに行く。

・蚊の法則:2人が屋外に一緒にいる場合、虫は一人にばかりまとわりつき、もう一人を無視する。

・ペンキの法則:ペンキは、下に敷いてある新聞紙の穴を見つけて絨毯に着地する。

 (補足)そして乾くまで発見されない。

・誰もが使い物にならない金儲けのアイデアを持っている。

・バタートーストの法則:トーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する。(選択的重力の法則)

・マーフィーの熱力学:圧力(プレッシャー)の下では、物事はより悪くなる。

・どんな馬鹿にだって扱えるようにしても、馬鹿はその上を行く。

・風の強さは、その日髪のセットに費やした努力に比例する。

以上、基本的なところでした。

思わす笑った方。見込みがあります。

いい夢を見よう。では、また!

幸福実現党 小島一郎

関連記事

コメントをどうぞ