泊原発再稼働で北海道経済を守れ!

北海道では、冬の厳しい寒さの中、電力不足と戦っています。

7%の節電と共に、本当に電力が厳しくなった時には、企業の生産活動をストップして電気を止めることを北電から企業に依頼しています。

ほとんどの企業が泣く泣く受け入れているというのが実態です。

停電させない代わりに、北海道の企業の電力を止めると言うことです。

冬の電力不足が北海道の経済を破壊しようとしているとも言えます。

私は北海道電力を責めるつもりはありません。(まず止めるべきは、役所の電力でしょう)

しかし、よくよく考えれば、安全性が確認されている泊原発を再稼働すれば解決することです。

これは、政治が責任持って判断するべき事です。

民主党前政権は、政治判断から逃げて、泊原発再稼働よりも、北海道経済を破壊する道を選択したと言えます。

幸福実現党は、一貫して泊原発再稼働によって北海道経済を守ることを政策として主張し続けています。

北海道では、泊原発再稼働の署名運動、デモ、シンポジウム等、北海道経済を守るための行動をし続けます。

安倍政権には、冬の北海道の厳しい寒さを乗り切り、北海道経済を守るためにも、泊原発を即刻再稼働する事を求めます。

寒さが本格化して、北海道の電力不足が深刻になる前に、何とかしなければなりません。

幸福実現党 小島一郎

20130103-233925.jpg
(泊原発再稼働デモを行った時の写真)

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメントをどうぞ