日本人を舐めたらアカン!近畿ブロック大会。

8月18日(土)は、大阪正心館に近畿ブロック約1000人が集い、近畿ブロック大会を開催。

黒川白雲成長会長講師による、映画『神秘の法』大成功研修。

未来ビジョンドラマ「幸福実現党202X」が感動でした。

やはり、今必要なのは、独立国家としての日本の明確なビジョンです。

私は、映画『神秘の法』の魅力について、お話しました。

笑いと感動、見どころセブン。『神秘の法』は、魅力的な映画です。

6月に上映し大ヒットした『ファイナル・ジャッジメント』と同様に、日本占領の近未来予言が当たってきている今、映画『神秘の法』は、日本人全員に観て頂きたい映画です。

そして、大阪集中豪雨の雷鳴の中、嵐を呼ぶ男、立木秀学党首の重大発表と挨拶

立木党首の必勝の挨拶でした。

20120819-131403.jpg
今後、旋風を巻き起こす予感です。

今、竹島や尖閣の領土問題によって、日本占領の危機にあります。

しかし、日本人を舐めたらあかん!

韓国委大統領による竹島不法上陸、天皇陛下への不敬発言、尖閣不法上陸、等、目に余ります。さらには、映画『ファイナル・ジャッジメント』と同じく「まことに遺憾です」しか言えない、情けない限りの弱腰外交。

寛容で穏やか、お人好しの日本人も我慢の限界が近づいています。

中韓なめるな。

逆から見れば、国威発揚のチャンスでもあります。

危機の時に本物の人材は求められます。

幸福実現党の出番が近づいています。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ