韓国、情けない。

韓国の李明博大統領の竹島上陸は、
3年前から準備していたと、報道されています。

日本の反応も予想していたとも、発言しています。

さらに、「日本の国際的影響力は落ちた」とも、、、。

8/15には、日本に向け、謝罪要求演説をするとも発言しています。

そして、韓国の大統領選については、竹島に上陸するかどうかということばかりが争点になっているようです。

「韓国よ、実に、情けない!」と、言いたい。

アジアの国際政治においては、海洋進出を目論む対中国戦略が最も大切です。

冷静に考えれば、日本と韓国が争って、笑うのは中国・北朝鮮です。

韓国国民の目を日本非難に向けているうちに、背後から狙っている国々があることを、李明博大統領は頭を冷やして思い起こすべきでしょう。

李大統領は日本と戦争がしたいのでしょうか。それとも、何を言っても日本は何も出来ないと、たかをくくっているのでしょうか。

やがて、日本をなめたツケを払うことになるでしょう。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメントをどうぞ