死亡前の「お迎え」等、4割が体験。

6月21日読売新聞を紹介します。死を直前に控えた方の「お迎え」等の神秘体験アンケートについてです。

死亡前「お迎え」…4割が体験と言う記事です。以下、転載します。

自宅でみとられた患者の約4割が、亡くなる前、すでにいない親の姿を見たと語るなど、いわゆる「お迎え」体験を持ち、それが穏やかなみとりにつながっているとの調査研究を、宮城県などで在宅医療を行っている医師らのグループがまとめた。

在宅診療を行う医師や大学研究者らが2011年、宮城県5か所と福島県1か所の診療所による訪問診療などで家族をみとった遺族1191人にアンケートした。

「患者が、他人には見えない人の存在や風景について語った。あるいは、見えている、聞こえている、感じているようだった」かを尋ねた。

回答者541人のうち、226人(42%)が「経験した」と答えた。

患者が見聞きしたと語った内容は、親など「すでに死去していた人物」(51%)が最も多かった。

その場にいないはずの人や仏、光などの答えもあった。

「お迎え」を体験した後、患者は死に対する不安が和らぐように見える場合が多く、本人にとって「良かった」との肯定的評価が47%と、否定的評価19%を上回った。調査は、文部科学省の研究助成金を得て実施。「お迎え」体験は経験的にはよく語られるが、学術的な報告はきわめて珍しい。

(2012年6月21日 読売新聞)

転載終わり

興味深い調査だと思います。

霊体験等の神秘体験については、学校教育で触れられることはほとんどないので、話題になりにくいところがあります。

しかし、現実に調査してみると、4割の方が「お迎え」を体験しており、肯定的です。もはや、神秘体験は特別な体験ではないではないか⁈と、思ったくらいです。

大ヒット上映中のファイナルジャッジメントでは、「真実は目に見えないものの中にある」というセリフがあり、共感する人が多いようです。

「実は、目に見えないはずのものを見たことがある!」

「臨死体験をしたことがある」

等、神秘体験している人は意外と多いのではないでしょうか。

神秘体験を本格調査する必要があるのかもしれません。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメントをどうぞ