独立国家か植民地かの選択。

世界ウイグル人会議の第4回代表大会に出席した国会議員に対して、中国大使館は抗議文を送りました。

日本政府は抗議文に対して、「内政干渉だ」と、突っぱねるべきです。

尖閣諸島を核心的利益と位置付けている中国。野田首相と胡錦濤国家主席との個別会談を見送りました。会談もカードにする、中国の外交はしたたかです。

一方、鳩山由紀夫元首相は、沖縄返還40周年を期に沖縄を訪れ、「本心は普天間基地は最低でも県外移設だと思っている」と発言して、地元沖縄県民に詫びました。

外交オンチのきわみです。

外交・国益の意味を全く分かっていない鳩山氏に対して、野田首相は「日米同盟を切り裂くような動きをするな!」と、指導しなくては国家としてスジが通りません。

日米同盟の亀裂が日本の安全保障の危機に繋がることが分からないのでしょう。

幸福実現党が立党して3年になります。一貫して、北朝鮮・中国の危機を訴えてきました。

中国は虎視眈々と日本を狙っています。

「今こそ、国防」、「自分の国は自分で守る」という国論を作るために、全力を尽くして活動しています。

5月13日幸福実現党のユートピア活動推進館で大川隆法名誉総裁は、御法話「宗教立国の実現」の中で、「映画『ファイナル・ジャッジメント』が終わったあと、沖縄県民がビックリするようなことが起きる」と、予言めいた情報もありました。

幸福の科学の映画は予言的なところがあり、映画上映後しばらくすると、ストーリーと同じような事が起きています。

日本を独立国家として保つのか、中国の植民地への道を辿るのか、選択の時です。

日本を守ります。

幸福実現党 小島一郎

20120515-163839.jpg
日本奪還!(見本です)

コメントをどうぞ