『ファイナル・ジャッジメント』キャストの感動。

映画『ファイナル・ジャッジメント』の早鐘望役(大切な役)として出演している水澤愛奏(みずさわあいか)さん(http://www.fj2012.com/)と一緒に埼玉本部の集会に参加して映画PRをしてきました。

早鐘望は、鷲尾正悟(主役)の後輩で妹的な存在です。仲間の中では、唯一信仰を持っている子という設定です。

早鐘望はオウラン国の全体主義政策によって両親を失い、深い挫折を味わいますが、最後の最後に鷲尾正悟の言葉のチカラに希望を見出すことになります。

心のチカラによって希望を見出します。

実際に演じた時に、水澤愛奏さんが何を感じたのかを聞きました。

「信じる心の大切さ」、「人を信じる力に愛を感じて、未来への希望の灯火が心に点いた」、「愛の力は憎しみを超えることを体感した」と言っていました。

「信じる絆は強いな」と思いました。

日本が植民地になる中で、信じる力、信じる絆が未来への希望になる物語です。

映画『ファイナル・ジャッジメント』がますます楽しみになりました。

ちなみに、水澤愛奏さんは6/16から上映される『武蔵野S町物語』(musashino-smachi.com)にも出演しています。主題歌も歌っているそうです。

(今日は写真を撮ってくるのを忘れてしまいました(T_T))

小島一郎

コメントをどうぞ