五島列島国境付近の漁場で起きていること。

サボりにサボって1週間も開けてしまいました。

月曜、火曜と体調を崩し、4/4から長崎県五島列島へ。あれよあれよと、1週間。今日からまた毎日頑張りますので、お楽しみに!
20120408-170626.jpg

私は4/4から長崎県に出張してきました。写真は長崎市内にある風頭公園の龍馬像。龍馬が愛した長崎。長崎市民もまた、龍馬を慕い、愛しているのだなと、いたるところで感じました。

長崎港から高速船で上五島へ。日中国境付近で操業する、地元の漁師さんの生の声を聞けるということで、取材と映画『ファイナル・ジャッジメント』の集いを兼ねて行ってまいりました。

爆弾低気圧が過ぎた翌日したので、高波の中、ジェットコースターのような1時間40分でした。
(石油備蓄基地写真)

20120408-171513.jpg

20120408-171526.jpg(地元のT氏と共に)
上五島にある石油備蓄基地がよく見える山に案内してもらいました。日本の1週間分の石油が備蓄されています。

備蓄基地付近の土地を中国系企業が購入しようとしているとの地元情報があると、聞きました。油断禁物です。

20120408-171541.jpg
続いて、地元の漁師さんの話を聞きました。漁は東シナ海で行い、1ヶ月のほとんどを海上で過ごしている方です。月に数日間島に帰ってきます。

日中国境線付近で漁をしているため、中国漁船とのトラブルが絶えないと困っていました。

中国漁船はルールを守らないからです。

「操業中の漁船の1000m以内に入らない」という決められたルールを無視するどころか、操業している漁船を見つけたら、突っ込んでくる。

近づいてきた中国漁船に爆竹を投げられたこともあるそうです。

今では、中国漁船を見かけたら避けるしかない。見かけたら操業をやめて逃げるしかないと諦めている実態を聞いてビックリしました。

しかも、このような実態を地元の漁師以外の方はほとんど知らない。長崎県にも知られていないので、まともな対策がなされていない現実があります。

日本の漁場を守るために、アクションが必要です。

幸福実現党 小島一郎

20120408-171611.jpg
(FMながさきにて)

20120408-171623.jpg
(夜景も綺麗でした)

関連記事

コメント “五島列島国境付近の漁場で起きていること。”

  1. 青山繁治さんの話では、尖閣の漁場は「米軍統治時代は自由にいけて、日本統治になったら自由に行けなくなった」っていってたぞ。

    返信

コメントをどうぞ