ついに、その時が。

ついに、その時が来ました。私の長女(5歳)が補助輪なしで自転車に乗れるようになりました。

以前もブログに書きましたが、毎週のように長女の自転車トレーニングに付き合って、横を走ってきました。

長男の時はすぐに乗れるようになったのに、なかなかできるようにならない、すぐに諦めるしで、「このまま自転車には乗れないまま大人になるかもね」と、家内と話していたくらいでした。

しかし、その時は突然やってきます。

幼稚園から帰り、しばらくたって、突然、自転車の拭き掃除を始めました。

一度も自分から自転車の手入れをしたことがない長女の行動に驚いていると、「パパ自転車やりたい」と言って外へ。

今日はちょっと一押しするだけでスイスイ進んでいきます。

今までにない安定感。「ついにできた!」本人も嬉しかったようです。自信がついたようでした。

こういうのって突然すっとできるようになるんですね。子供の成長は嬉しいものです。

私はいつものように、長女の横で走り続けて、日頃の運動不足の反省に迫られながら喘いでいました。

20120319-154741.jpg
幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2 Responses to “ついに、その時が。”

  1. good guy

    よかった。よかった。
    おめでとう!!!

    返信

コメントをどうぞ