今こそ必要な宗教。

2月4日放送の「明日への羅針盤」は、「今こそ必要とされる宗教」をテーマに放送しました。

ゲストは、幸福の科学グループ広報局長の里村英一さん。

ラジオの様子は、コチラ⇒http://www.youtube.com/watch?v=kd8rGAFDh5Y

東日本大震災の被災地では、幽霊を見たと言った声が多いと、報道されています。

突然、多くの方が亡くなり、悲しみの中で宗教を求める。普通のことです。

相談をすると、精神的なショックによる幻覚や幻聴などと言われ、辛い想いをしている方も多くいらっしゃるようです。

亡くなった方は今でも、霊となって存在しています。今だに亡くなった事が理解できずに苦しんでいる場合、縁のある方のところに救いを求めて障りを起こす事もあります。

決して幻覚や幻聴ではありません。

ご冥福を祈り、安らかなあの世への旅立ちを願って、供養して頂きたいと思います。

幸福の科学には、正しい供養によって、亡くなった方を天国へとお導きしています。

人間は、永遠の生命を持ち、この世とあの世を転生輪廻しながら、魂修行をしている「永遠の旅人」です。

今回の「明日への羅針盤」は、2月9日23時から再放送します。

幸福実現党 小島一郎

私は2/4の午後から沖縄に来ています。

1回目のセミナーを終えて小休止。コートが要らないのは気持ちいい。カフェラテ飲んで、夜のセミナーに向けて力を蓄えよう。

20120204-183343.jpg

コメントをどうぞ