消費増税54%反対 内閣支持率38%:毎日新聞世論調査

昨日の毎日新聞で、「毎日新聞世論調査:消費増税54%反対 内閣支持率38%」という記事がありました。

野田首相は何かに取り憑かれたように、「消費税増税」に邁進しています。

一方、国民は冷静に見ています。内閣支持率では、野田首相野田首相足元には業火が燃え盛っているようです。

一部記事を見てみましょう。

20111205-090227.jpg

(転載始め)

毎日新聞は3、4の両日、全国世論調査を実施した。野田佳彦首相が2010年代半ばまでに現行の5%から10%へ段階的な引き上げを目指す消費増税について「反対」が54%を占め、「賛成」は45%にとどまった。

消費増税法案の国会提出前に自民党が衆院解散・総選挙を求めていることについて「賛成」が64%を占め、「反対」の34%を大きく上回った。

内閣支持率は38%で、11月の前回調査から4ポイント下落。一方、不支持率は3ポイント上昇し34%に上り、支持と不支持が拮抗(きっこう)している。

 ◇「法案提出前に解散」64%

 日本が抱える財政赤字について「不安を感じている」と回答した人は92%に達し、「感じていない」(7%)を大きく上回った。

政府は消費増税を含む税と社会保障の一体改革について、税率の引き上げ幅や実施時期を年内に取りまとめる方針。財政悪化への危機感を強めながらも、消費増税の手続きについて衆院選を経るなど慎重な対応を求める民意が浮き彫りになった。

 (中略)

消費増税法案を国会に提出する前の衆院解散については、民主支持層でも51%が「賛成」と回答。支持政党がない無党派層では61%が「賛成」と答えた。

09年衆院選での民主党マニフェスト(政権公約)に消費増税は盛り込まれておらず、「法案成立後、増税実施前に信を問う」とする首相方針に否定的な民意がうかがえる。
(以下省略)

(転載終わり)

上手く誤魔化して取りあえず法案を通そうとする野田首相に対して、

「それは民主党のマニュフェスト違反だ!そこまではさせない!」

と考える民意が多いと言えます。

元々、消費税10%を掲げていた自民党政権に対して、

「4年間は消費税は上げない」ことを公約にして政権交代したにもかかわらず、

まるで何もなかったかのように、消費税増税に突き進む野田首相。

「公約をしたのは鳩山さんで、自分ではない」とでも言いたいのでしょうか?

「政治家である前に、人間であれ!」

「ウソをつくな。正直であれ。誠実であれ」

小学生でも分かる当たり前のことを、野田首相には問い掛けたい。

国民の皆さん、野田政権から目を離してはなりません。

幸福実現党 小島一郎

20111206-233618.jpg
(写真は、さいたまスーパーアリーナで行われた、大川隆法幸福実現党名誉総裁の説法壇)

コメントをどうぞ