9.11犠牲者の最期の数分間、電話に残された肉声(高松写真付)

10年前の本日2001年9月11日、世界同時多発テロが起きました。

現実とは思えないようなテロでした。

尊い命が犠牲になりました。犠牲になった方に、冥福をお祈りすると共に、このような大惨事が二度と起きない平和な世界を作っていきたいと、改めて決意させていただきました。

現場では何が起きていたのか。

9.11犠牲者の最期の数分間、電話に残された肉声を紹介します。

涙が流れました。

10年前の9月11日、その場所にいた人々は神に祈り、通報して助けを求めた。

しかし、人生最期の数分間に電話を手にした人々は皆、祈りが通じないことを悟っていた。

4機のハイジャック機がミサイルと化した9.11米同時多発テロで死亡した約3000人のほとんどは、誰とも話すことなく、生き地獄のような惨状の中で命を落としていった。

それでも、何人かの犠牲者は現場にかけつけた救助隊員の無線、携帯電話、オフィスの固定電話や航空機備え付けの電話を通じて、外の世界に最期のメッセージを遺した。

■ツインタワーからの電話

ニューヨーク(New York)の世界貿易センタービル(World Trade Center、WTC)のサウスタワー83階で勤務していたメリッサ・ドイ(Melissa Doi)さん(32)は、4分以上、救急サービスのオペレーターと言葉を交わした。

恐怖に震えながら、火災による熱で息ができないと訴えるメリッサさんの声と、彼女を落ち着かせようと感情を抑えた声で慰めるオペレーターの声は対照的だ。

メリッサさん: 「わたし、もう死ぬんでしょ?」

オペレーター: 「ノー、ノー、ノー、ノー、ノー」

メリッサさん: 「死んじゃう」

オペレーター: 「マダム、マダム、お祈りの言葉を」

メリッサさん: 「神様、どうか…」

通信はその直後、メリッサさんの「助けて!」という叫び声とともに途絶えた。

同じくサウスタワーの99階にいた保険ブローカーのケビン・コスグローブ(Kevin Cosgrove)さんも、その時、携帯電話で救急サービスに通報していた。

午前9時58分、ケビンさんの「オーマイゴッド……あああああ!」という絶叫は、タワーが崩壊する轟音とともにフェードアウトし、その後電話は切れた。

■留守電に残されたメッセージ

ハイジャック機の乗客たちもまた、残される家族らに電話をかけた。

ユナイテッド航空(United Airlines)175便に乗っていたブライアン・スウィーニー(Brian Sweeney)さんは、飛行機がサウスタワーに突っ込む数分前に妻のジュリーさんに電話した。

留守番電話の「1件目のメッセージです!」という明るい自動音声に続いて流れるブライアンさんの言葉は、シンプルでありながら心を揺さぶる。

「いいかい。僕の乗ってる飛行機がハイジャックされたんだ」「とにかく君を愛してる、それだけは覚えていて。良いことをして、楽しい人生を送って欲しい。両親やみんなも。本当に愛してるよ」

■最期の瞬間まで会話を続けた夫婦

ほとんどの犠牲者の家族は、さようならを言えなかっただけでなく、世界貿易センタービルでの犠牲者に至っては遺体が蒸発してしまい、形見すら見つけられずにいる人も多い。

一方、最期の言葉を交わすことが出来た数少ない人たちは、違う類の絶望感にさいなまれた。

ビバリー・エッカート(Beverly Eckert)さんは、9時30分頃に夫のショーン・ルーニー(Sean Rooney)さんからかかってきた電話に飛び上がって喜んだ。

ツインタワー内にある職場から避難できたと思ったからだ。

しかし、電話口のショーンさんは「105階にいる」と告げた。

「その瞬間、もうショーンは永遠に帰って来ないんだと悟りました」と、ビバリーさんは記している。電話がつながっていた長い間、ショーンさんはなんども「愛してるよ」とささやいた。「そして、大きな爆発音が聞こえました」

ショーンさんはまだ生きていたが、2人とも爆発音が何だか分かっていた――タワーが崩れ落ちる音だ。「何度も何度も、彼の名前を呼びました。そして、床に座り込んで、受話器を胸に抱え続けました」

2009年に他界したビバリーさんが残した夫との最期の会話は今週、ニューヨーク・マガジン(New York Magazine)に掲載された。(c)AFP/Sebastian Smith

本日、追悼式がニュー・ヨークで厳粛に行われました。

テロ行為が世界から撲滅されることを改めて祈念しました。

さて、私は本日は、高松で香川県本部宗教立国実現研修でした。

香川県の仲間と共に、日本再建の決意を新たにいたしました。

エイ・エイ・オー!と、鬨の声を上げてから、写真を撮っていないことに気づきました。

写真を撮り忘れていた!近くにいる皆さんと一緒にパシャ。

外にいる人で皆さん一緒にパシャ。

さらに、まだ一緒に撮っていない人とパシャ。

最後、高松の姉?

満月が神秘的。京都の方が送ってくれました。

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメントをどうぞ