sengoku38の告白。

明日、9月3日は星陵会館で国防セミナーを開催します。(13:00~)

表題の通り、sengoku38こと一色正春氏がゲストです。

地政学者の奥山真司氏とついき秀学党首とのパネルディスカッションを予定しています。

一色正春氏の『何かのために sengoku38の告白』を読みました。

なぜ、一色氏は尖閣事件の映像を公開したのか。

それは、どのような気持ちで準備が進められたのか。

TV局へのアプローチ、海外TV局にもアプローチ。

その中で、「もはや、自分でやるしかない」と、思いを募らせていきます。

誰にも相談できません。孤独の中で進めていきました。

「海上保安官である前に、日本人である。日本人として誇りある生き方をしたい」

この気持ちが、一色氏を突き動かしていました。

奥さんや家族は分かってくれるだろう。信じていました。

チャンスは1回だけしかない。失敗は許されない。

そのようなプレッシャーの中、一色氏は人生と職を賭した行動に出ました。

YouTubeに掲載したことによる反響は、世界中に広がることになりました。

一色氏は日本を守ったと思います。

そして、一色氏自身、日本人としての誇りを守りました。

人間が、人生を賭けて行動を起こそうとするときの心の描写が書かれています。

お勧めの書籍です。

人生で決断の時を迎えている方には、特に、おススメです。

明日9月3日は、星陵会館にて一色正春氏をゲストに国防セミナーを開催。

パネルディスカッションを行います。

詳しくは、こちらをクリック→http://www.hr-party.jp/new/2011/9402.html

幸福実現党 小島一郎


西葛西駅辻立ちでの写真。私の右となりは、千葉5区の佐高さん。応援に駆け付けてくれました。佐高さん、ありがとう。

コメントをどうぞ