「『一度やらせてみよう』と、民主党に入れたのが大失敗だった」

今日は朝から暑かった~。

お盆が明けて、本格的に出勤されている傍ら、本日は、新小岩駅で

ご挨拶させていただきました。

菅首相の原発の混乱が少しずつおさまり、本日は、

「脱原発は間違い」「福島の放射能は怖くない」チラシを多く受け取ってくださいました。

本日は、午後から自転車で江戸川区内(瑞江、篠崎)を戸別訪問。

猛暑はきつかった。

滝のように汗が流れ、バツグンのデトックスでした。

今までお世話になった方に残暑見舞いのご挨拶に伺いました。

数名の方と直接じっくりお話することが出来ました。

口々におっしゃるのが、

「代表選って言っても、誰がなっても同じだよ」

「本当だったら、首のすげ替えじゃなくって、総選挙だろ!それが責任を取るってころだろ!」

「そもそも、絶対に増税はやってはダメなんだ」「何でそんな簡単なことも分からないんだ!」

「大連立なんてできるわけないだろう」

2年前の選挙の話になると、

「あの時は、自民党がどうしようもなかったから、一度民主党にやらせてみようと思ったんだ。

でも、それが最悪の失敗だった」

「どうすりゃよかったんだ!」(幸福実現党小島一郎に入れてくれればよかったのですよ(^v^))

「だからって、今さら自民党というわけにはいかない」

「だから頑張ってくれよ」

「リーダー、指導者になるっていうのは大変なことだよ」

「でも、こんな時こそ、必要なんだ。今こそ、救世主的な指導者が求められているよ」

「頑張ってくれよ」

と、何度も、何度もご期待を頂きました。

何人かの方とお話しましたが、皆さん、同じような話になりました。

政治に対する鬱憤、やるせなさを伺うことになりました。

自民党はダメ。民主党は最悪。

これが、ここ2年間で味わった、日本国民の学びだったようです。

日本の国民は、ジーッとよく見ておられるなと、感じ、引き締まる思いもしました。

さあ、私たち幸福実現党の出番です。

頑張ります!

幸福実現党 小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメントをどうぞ