これはすごい!北京公衆トイレ事情

南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン) の街並み。オシャレなお店が多い。気に入りました。

7月1日中国共産党立党90周年に合わせて北京に視察に行ってまいりました。

2日目の午後、時間が空いたため、

若者に大人気のストリート南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン)を歩きました。

オシャレなお店が多く、活気づいていました。

ストリートの回りには、北京の昔ながらの街並みが広がります。

けっこう綺麗な家。車を持っている家なのでそれなりのレベルなのかとは思いますが、

なぜか、各家にはトイレがないらしく、150m間隔くらいで公衆トイレがありました。

(今回のブログは写真が多いので、メールで届いている方もぜひHPをご覧ください(^v^))

最初に出会ったトイレ。綺麗な無料トイレだが、扉も仕切りもない・・・

最初に出会ったトイレ。扉がなく、入口から撮りました。

まだ新しくて、壁も床も綺麗なのに、便器には扉も仕切りもありません。

左には、洋式便器もありますが、入口と向き合う形で扉がない。

通訳をしてくれた女性に聞くと、女性トイレも同じだと言います。

近所の方々はみんなここでするのか。朝はトイレでご挨拶。

お尻も丸出しで風通しのいい近所づきあいだなあと思いました。

朝からどんな会話をトイレで座りながらするのだろうか…と、想像してしまいました。

男性用。立つと通行人の顔が見えます(^_^;)

男性用の小便器です。立つと外の通行人が見えます。これも風通しバツグン。

トイレの近くにはこんなオシャレなお店が。

誤解のないように改めて 南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン)のお店です。

先ほどのトイレの近くには、このようなオシャレなお店がたくさんあります。

カルチャーは怖いですね。

隣の便器との仕切りのあるトイレも。写真では見えませんが、立つと隣は丸見え。紙はなし。
こんなトイレも。個室になっていますが、扉はビニール。

ストリートを少し外れたところを歩いていると、様々なトイレが出てきます。

トイレコレクション。

上の写真は、それぞれが個室形式にはなっていますが、扉はビニール。

近づけば、中は見える。人が入っていたら、こっちが恥ずかしくなります。

大通りに面して、観光客の多い通りのトイレには扉のある個室になっていました。

最後に、大通りに面した、観光客の多い通りのトイレに入ると、しっかり扉がありました。

ホッと一安心です。海外との文化が混ざり合うと、変わっていくことを確認しました。

北京なので、綺麗なトイレばかりでした。文化の違いはすごいものがあると実感したひとときでした。

南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン)のカフェ。綺麗な街並みでよかったです。

北京の南鑼鼓巷 (ナンルオグーシャン)はお勧めのスポットです。

このようなオシャレなお店が並ぶストリートを一歩外れると、

中国ならではのトイレが並んでいました。

繊細な日本人にはちょっと耐えられないものがあります。

今日は、ホッとブレイクでした。

小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事

コメントをどうぞ