放射能は怖くない。福島原発安全宣言。

真ん中の方が、ザ・リバティ綾織編集長。リバティWEBに7月中に申し込むと、宇宙人ファイルがプレゼント!私も載っていました(^v^)


本日、7月14日(木)の幸福実現TVでは、月刊ザ・リバティ綾織編集長をゲストに、

「放射能は怖くない。福島原発安全宣言」と題してお送りしました。

札幌医科大学の高田純教授と共に福島に現地ルポをしてきた綾織編集長。

現地の生情報をお話いただきました。

子供を持つ両親は、子供たちが被曝していないかどうか、心の底から心配しています。

子供への測定は、不安でいっぱいの親を救いました。

そして、今の福島は、セシウムも要素も安全な範囲内にあることが明らかになりました。

その高田教授は、チェルノブイリ、ビキニ環礁、ウイグル(シルクロード)、ロシアなど、

世界の放射能事故の現地に実際に足を運び、現地で実際に放射能測定をしてきた、

フィールドワークの方です。

ロシアでは、放射能汚染しているキノコを食べて、自分自身を実験台にしながら、

どれくらいの日数で実際に放射能が減衰していくかを測っているような方。

身をもって、世界中の放射能を測定している唯一の方が高田純教授です。

また、『中国の核実験─シルクロードで発生した地表核爆発災害』(高田純著)では、

中国が東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)のタクラマカン沙漠のロプノール核実験場で行ってきた核実験がいかに非人道的なことであるかを科学的データに基づいて明らかにしています。

高田教授は、机上の空論で1ミリシーベルト以上はすべて危険と騒いでいるような

御用学者とは違います。

今回、福島の安全性を知ると、実際のマスコミの対応は一体何なのかと思います。

ある週刊誌G誌は、原発事故が起きてから毎週のように放射能の恐怖を煽ることで

ウナギ登りに部数が上がり、それによって社員には金一封が支給され、

パーティまで開いていたと言います。

部数が上がるので、「原発=悪」「放射能=怖い」と書きたてています。

私たち国民は断固、見破らなければなりません。

さらに今回は、昨日菅首相が記者会見しました、「脱・原発依存」についても触れました。

幸福実現党では、菅首相「脱原発依存」の会見を受けてという声明文を発信しています。

綾織編集長による菅首相への見解を述べていただきました。

マスコミからは「思い付き」と言われているが、

菅首相は、明らかに確信犯的に、日本を沈没させることを戦略目標として動いている。

浜岡原発の運転停止から、ずっと確信的に進めている。

そして、9月上旬に訪米したら、脱原発解散をして、

脱原発によって、日本の安全保障を根こそぎ奪い、経済力を根こそぎ奪い、未来を暗くして、

10月に訪中して献上する計画。そして、日本の弱体化、中国自治省化を完成させようとする

戦略的な動きはすごいと、その「悪人としての才能」を褒めていました。

そのような視点(悪人としての才能)なら、菅首相はすごいものがあります。

本気で嘘をつく人間がいるということです。

善良な日本人は騙されてはなりません。

今は、原発は必要です。

東日本大震災を受けて、より安全な原発への改善を、世界中が待っています。

電力不足は深刻な健康被害と経済被害をもたらします。

石油や石炭に依存することは、日本の安全保障を根本から脅かすことになります。

自然エネルギーは、原発の代替エネルギーにはなりえません。メガソーラー発電1年分(740万KWh)は、浜岡原発の発電量の小1時間分に過ぎません。コストがかかりすぎるからです。

これではお話になりません。

繰り返しますが、日本にはまだ原発は必要です。

悪びれることなく、確信犯的に嘘をつき、日本を沈没させる天才・菅首相は、

即刻退陣してください。

日本を沈没させて、

日本を中国の植民地にしたいのなら、

菅首相自身が中国や北朝鮮にでも行っていただきたい。

私は、日本の民主主義と自由を守ります。

小島一郎

2 Responses to “放射能は怖くない。福島原発安全宣言。”

  1. おはよう!原発。こんにちは!核武装。さようなら!日教組。 | 小島一郎 official web site 幸福実現党

    […] 福島県の放射能風評被害に惑わされてはなりません。福島は安全宣言のレベル(←詳しくはこちらをご参照ください)になっています。 […]

    返信
  2. 東葛西のふくしま市場で復興支援。 | 小島一郎 official web site 幸福実現党

    […] 先日の幸福実現TV(放射能は怖くない。福島原発安全宣言。)でお知らせした通り、福島県の放射能は安全です。 […]

    返信

コメントをどうぞ