陸上の約1000倍、レアアース発見!日本は海洋資源を目指せ!

2日前ですが、「太平洋海底に大量レアアース 陸地の800倍、東大発表

という記事が新聞各社の1面を飾りましたので、紹介したいと思います。

(転載始め)
===============================

ハイテク製品に欠かせないレアアース(希土類)が太平洋の広い範囲で海底の泥の中に大量に存在すると、東京大などの研究チームが発表した。

採取や精錬しやすい形で存在しているとみられ、レアアース問題の解決につながると期待される。

4日の英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(電子版)に掲載される。

東大の加藤泰浩准教授(地球資源学)らによると、レアアースが多く存在すると見られるのはハワイ付近と仏領タヒチ付近の計約1100万平方キロを中心とする広い海域。

水深3500~6千メートルの海底に積もった厚さ2~70メートルの泥に含まれていた。

主に公海だが、日本の排他的経済水域(EEZ)にも存在する可能性があるとみている。

推定埋蔵量はこれまで知られている陸地の埋蔵量約1億1千万トンの800倍の900億トンとみられ、

2キロ四方の埋蔵量で日本の年間需要約3万トンを満たす計算。

技術的には、海底の泥を吸い上げるだけで採取でき、陸地の鉱床のような放射性元素をほとんど含まず、利用に適するという。

海底で、開発が有望なレアアースの存在が確認されたのは初めて。

=====================================
(転載終わり)

以上のような海洋資源の記事が躍りました。これは基本的に海外の輸入に頼っている日本取っては朗報です。

日本の近海からも採取される可能性があるということも朗報です。

私のブログでも、朗報!「南鳥島沖巨大レアアース鉱床発見!商業採掘に本腰!」

掘削船・ちきゅう投入!日本を資源大国へ。メタンハイドレードの調査開発を急げ! 」、

朗報!鹿児島湾にレアメタル鉱床180年分を発見! において紹介しました。

日本の海洋資源を開発していけば、日本には資源大国への道が拓けます。

さらに、日本の尖閣諸島沖には、石油も大量に埋蔵されています。

その量は、1000億バレル。

1000億バレルとは、世界第二の石油埋蔵国イラクの、

全油田埋蔵量にほぼ等しく、

金額にして、700兆円に相当します。
日本は、排他的経済水域(EEZ)の広さは、海洋面積にして世界第6位

深さまで含めた、海洋体積は、世界第4位の海洋大国です。

日本の海洋技術は世界トップレベルです。

日本の技術を海洋に向ければ、まだまだ日本には新しい可能性があります。

日本は長らく、資源の少ない貿易立国として身を立ててきました。

これからの日本の未来は、海洋技術の進歩によって資源大国になることができます。

世界一豊かな国になることが可能になるのです。

(尖閣の石油については、技術だけの問題ではなく、国防を含めた外交問題ですが)

閉そく感ばかりの日本ですが、

まだまだ未来は明るいことを確認させていただきたいと思います。

幸福実現党は、未来ビジョンを分かち合う政党です。

小島一郎

毎週木曜日21時は幸福実現TV!!

7月7日(木)21時~の「幸福実現TV」は

七夕スペシャル ☆彡
幸福実現党政権でどう変わる?
~未来は明るい!~

を放映致します!

黒川白雲政調会長と北川智子京都6区支部長をゲストに
女性の視点、生活者目線からの質問に徹底的に答えます!
子育て、年金、少子化、景気、放射線と電力など……
生活目線の質問にバッチリ答えていきます!

ぜひ、「幸福実現TV」を通じて、
《新しい未来》を発見して頂きたいと思います!
キャスターはお馴染み、私、小島一郎が務めます。

放送時間帯(7月7日21:00~)に、
下記URLに直接アクセス頂ければご覧頂けます。

http://bit.ly/usthrp

過去の幸福実現党TVはこちら。

http://www.youtube.com/user/hrpchannel

お楽しみに!

コメントをどうぞ