「熱中症の搬送、前年の5倍超」は、菅首相の原発運転停止による「人災」

梅雨だと言うのに、35℃を超える猛暑。暑い!

電車は夜でも節電しているため、生ぬるく、皆汗だく。座っても、汗が流れて、だるい。

これでは、元気な人も病気になってしまう。暑さは体力を奪うからです。

「熱中症の搬送、前年の5倍超」という記事がありますので紹介します。

(転送始め)
=============================

熱中症のため6月20日から26日にかけて病院へ搬送された人は全国で2996人に上ったことが総務省消防庁の速報値で28日分かった。

先週の猛暑が原因で、前年同期の5・3倍に当たり、わずか1週間で昨年6月の搬送者数(2276人)を上回った。

搬送直後に死亡した人は7人だった。

消防庁は、各都道府県に熱中症への住民の注意喚起を要請。

「節電は大事だが、エアコンも使うなどして室温が28度を超えないよう心掛けてほしい」としている。

昭和大の三宅康史准教授(救急医学)も「梅雨の合間は蒸し暑さなどから熱中症が増える。

工事現場や学校の部活動などは責任者が早めに切り上げることなどが必要」と指摘。

速報値によると、搬送時点の症状は重症が94人(3%)、中等症が1024人(34%)、軽症が1771人(59%)。

年齢別では65歳以上の高齢者が1528人(51%)を占めた。

生後28日以上7歳未満の乳幼児は35人(1%)で、消防庁は「体温調節機能が弱いため、周囲の大人が注意すべきだ」としている。

都道府県別で搬送者が多かったのは愛知379人、埼玉281人、大阪246人。

ほかに東京、神奈川、京都、兵庫、岡山が100人台だった。

熱中症の救急搬送数は5月30日以降の3週間は各週202~291人だった。

しかし、先週24日は埼玉県熊谷市で6月の国内観測史上最高となる気温39・8度を記録するなど、この日だけで792人が全国で搬送された。

熱中症による救急搬送は2008年から集計が始まり、昨年8月は最悪の2万8448人に上るなど近年は増加傾向が続いている。

===============================
(転載終わり)

原発の運転停止による電力不足で、全国的に節電を呼び掛けている時に、

猛暑となり、熱中症での救急搬送が前年の5倍以上に。

これは、5月6日に菅首相の独断によって浜岡原発の運転停止要請から始まる

原発のドミノ倒し的な運転停止による電力不足が原因です。

すなわち、菅首相の人災です。

これも、想定外と言って菅首相は逃げるのでしょうか。

自分には関係ないというのでしょうか。

WEDGE7月号では、「それでも原発を動かすしかない」という特集を組みました。

反原発をマスコミが煽り立て、菅首相が躍る中、勇気ある特集です。

勇気と共に、日本の未来への責任ある記事です。

それに対して、菅首相は無責任の塊です。

菅首相は、自分の思いつきの判断によって、お年寄りや子供の命を熱中症で奪っていることを自覚していただきたい。

マスコミは、反原発のデモをここぞとばかりに報道しているが、実際には、数十人~数百人の小規模のものを大げさに報道しています。

それに反して、勇気を持って原発の必要性を訴えているデモは抹殺しています。

マスコミの使命を果たしているとは言えず、国民に偏見に満ちた情報を流している面では、

マスコミも、熱中症殺人の方棒を担いでいると言えます。

マスコミが意図的に伝えないようにしている、

一般の方に十分に行き渡っていない情報として、次のようなことがあります。

1)原子力発電は100%安全ではないが、今回の事故でさえも、リスクはかなり限定的です。

実際に、福島原発事故の放射能で亡くなった方はゼロ。熱中症での死者はすでに出てきています。

安全基準をクリアしている原発は既にある事実も忘れてはなりません。
   
2)原子力を止めてしまった場合のリスクは、具体的にどんなものでしょうか。

  ●熱中症による死亡、

  ●電力不足による生活の質の低下、

  ●産業の国外移転、
  
  ●GDPの低下、

  ●収入ダウン、

  ●失業、

  ●自殺の増加、

  ●エネルギー価格の上昇、
  
  ●エネルギーの海外依存による国防上のリスクの増加、

  ●エネルギーの供給が絶たれることによって他国の侵略を受けるリスクの増加、

  ●核兵器に対する抑止力の低下

エネルギー問題は、国防問題にまで発展するということです。

3)太陽光や風力では、原子力の代替にはなりません。

コストが高い、場所の問題、発電規模が小さく、原子力発電を賄うだけの確保ができません。

原発の運転停止が熱中症被害を拡大しています。

忘れてはならないのは、菅さんの思いつきによる、法的根拠のない、浜岡原発の運転停止から始まったということです。

国民をバカにしてはいけません。

今は、国民は何となく反原発を支持していますが、

これから、本格的な猛暑によって、熱中症による死者(搬送者、被害者)が増え続けるようなら、

その原因が菅首相にあることを知ることになります。

そして、初の熱中症殺人の責任者として袋叩きになり、告発されることになるでしょう。

今からでも遅くはありません。

首相退陣を決めているのであれば、原発の運転再開を決定し、

菅首相は責任を取って辞任するべきです。

お年寄りや子供の命を救う菅首相となっていただきたい。

小島一郎

東大島駅にて。今日は朝から暑かったー。ありがとうございました。
よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメントをどうぞ