弱腰外交に一喝!中国艦艇8隻、沖縄近海を通過―遠洋訓練「常態化」

本日の産経で【中国艦艇8隻、沖縄近海を通過―遠洋訓練「常態化」…外務省、抗議しない方針】という記事が掲載されました。
2011年6月8日 21:51 産経

まずは読んでいただきたい。

(転載始め)
================================

防衛省は8日、中国海軍の艦艇8隻が沖縄本島と宮古島の間を通過したと発表した。

昨年4月にも駆逐艦や潜水艦など10隻が同じ海域を通過し、

沖ノ鳥島近くで訓練を実施しており、中国海軍が東シナ海で遠洋訓練を常態化させたことが裏付けられた。

東日本大震災への対応に追われる自衛隊に対する“配慮”をやめたと宣言したに等しい。

防衛省によると、8日午前0時ごろ補給艦と潜水艦救難艦など3隻、

正午ごろにはミサイル駆逐艦とフリゲート艦など5隻が通過したのを海上自衛隊の護衛艦が確認。

いずれも沖縄本島南端と宮古島の中間地点の公海上を抜け南下している。

潜水艦は確認されていないが、潜水艦救難艦が含まれていることから潜伏している可能性が大きい。

呉勝利・海軍司令官は一昨年4月、海軍創設60周年の観閲式で

「海軍の5大兵種(艦艇や潜水艦など)は毎年数回部隊を組織し、遠洋訓練を行う」と宣言。

中国海軍の遠洋訓練の活発化は既定路線だとされる。

東シナ海での遠洋訓練は、九州-台湾-フィリピンを結ぶ「第1列島線」を越えるものを指す。

沖縄本島と宮古島をつなぐ海域も第1列島線に重なっており、

今回の艦艇進出も遠洋訓練の一環として年度計画であらかじめ予定された公算が大きい。

防衛省・自衛隊は、中国海軍が4月に上海沖で昨年と同様に演習を実施したため、

その後艦艇を遠洋訓練に展開させる可能性があるとみて警戒を強めていた。

中国側は「東シナ海で大型軍事演習を計画していたが、大震災の発生を受け計画を中止した」(呉氏)と公表していた。

一方、3~5日にシンガポールで開かれたアジア安全保障会議の閉幕を待って活動を活発化させたとの見方もある。

安保会議中に日本を挑発すれば、米政府が会議の場で抗議しかねなかったからだ。

外務省は「公海上で国際法上問題はない」と抗議しない方針。

ただ、弱腰の対応を続ければ、昨年9月の尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件のように中国側の「示威行動」をエスカレートさせる恐れもある。

===============================
(転載終わり)

記事にも出ておりますが、中国は「東日本大震災への対応に追われる自衛隊に対する“配慮”をやめたと宣言したに等しい」と言えます。

これは昨年4月と同様の中国海軍による東シナ海、西太平洋侵出に向けた遠洋訓練です。

震災後、しばらく鳴りを潜めていた中国が沖縄近海を通過したのに加え、

北朝鮮の1年7カ月ぶりの短距離ミサイル発射、

3度目の核実験の兆候、

中国が羅津港使用権の獲得(日本海侵出ルートの確保)等、

中国や北朝鮮が連動して蠢き始めました。

また、中国軍の陳炳徳総参謀長が、初めて空母の建設を直接認めました。

「公海上で国際法上問題はない」

抗議もできないような、弱腰外交のままでは、

日本の海を守り切ることはできません!

「国防の国難」が迫っています!

重要なお知らせ

来週6月17日(金)、

日比谷野音にて保守合同集会を行います。

大勢力によるデモ行進を通じ、

尖閣・沖縄の危機を訴えます。

弱腰外交によって日本を危機に貶める菅政権の即刻退陣を訴えます。

皆さん、日本の未来を守る強い信念を持って集いましょう!

昨年は5月11日に鳩山首相の退陣を訴えるデモ行進を行いました。

そして、1ヶ月後には鳩山氏は退陣。

今年は、史上最悪の宰相、菅首相による、震災の危機、国防の危機を訴えます。

遅々として進まない国会に向けて、一喝を入れ、国難突破の方向に舵を切ってまいりましょう!

レームダック(死に体)となりながら、ゾンビの如く粘る菅首相と取り巻き議員に一喝

私たち一人ひとりの信念と行動が新しい未来を創ります。

未来を創造している誇りと自信を持って集いましょう!

小島一郎

平井駅での辻立ちを終えて。今日もありがとうございました。

コメントをどうぞ