海水注入継続の現場メモによる真相

福島第一原発で3月12日に行われた海水注入について、菅首相から注水停止の指示があり、それに従って東電が注水を停止したという件の真偽について、マスコミや国会で問題になっています。

これについて、本日の記者会見で、実際には現場の所長の判断で注水を継続していたとの発表が、本日東電からありました。

(参考記事)
実際は海水注入停止せず 「注入継続が何より重要」 第1原発所長が独自判断

福島第一原子力発電所1号機への海水注入に関する時系列について

東電は、指示に従わなかったとして、現場の所長の処分を検討すると言っています。

技術的には現場の判断は正しかったといえます。

吉田所長は首相官邸からは止められていたにもかかわらず、「英雄的判断」によって海水注入を継続したと言えます。

上記プレスリリースでは、

当社の官邸派遣者からの状況判断として「官邸では海水注入について首相の了解が得られていない」との連絡が本店本部、発電所にあり、本店本部、発電所で協議の結果、いったん注入を停止することとした。しかし、発電所長の判断で海水注入を継続。

と不明確に書かれています。

当日緊急対策本部に詰めていた人たちのメモには、

「官邸から、海水注入を一旦中止するよう要請があった。菅首相の指示によって海水注水を開始したことにしたいとの意向。」

との記録があります。

実際、その場に居合わせた人の多くがこのやり取りを聞いていますが、かん口令が敷かれたような状態です。

関係者は、政府に対して大変な憤りを感じています。

「あいた口がふさががらない」とは、このことです。

「官邸から、海水注入を一旦中止するよう要請があった。菅首相の指示によって海水注水を開始したことにしたいとの意向。」

というメモから、

菅首相は、一刻を争う時に、海水注入を自分の手柄にするためにわざわざ止めさせようとしたということです。

マスコミ各紙の皆さん、菅首相の自己保身によって、

正しい情報が隠蔽されて現場の関係者が苦しんでいます。

上記は確かな情報です。

ぜひ、もう一段踏み込んで調査して、国民に「真実」を明らかにしてください。

このような事実の中で、吉田所長が処分されるのは明らかに間違っています。

吉田所長は、「緊迫した状況の中で、何が正しいのか」を考え、勇気を持って行動したのでしょう。

間違っているのは、政府の指示です。

危機管理を自分の手柄のために使う、菅首相をこそ退陣し、国民に詫びるべきです。

潔くあれ!

ということです。

官邸の指示に反して注水を止めなかったとすれば、現場は正しい判断をしました。

技術者の良心で官邸の指示を無視した所長の処分は、何としても避けたいところです。

海水注入を自分たちの手柄に使おうとした、菅首相こそ処分されるべきです。

菅首相は即刻退陣せよ!

小島一郎

※「黒川白雲政調会長ブログ」も合わせてお読みください。

コメントをどうぞ