作詞作曲マスコミ:「メルトダウン狂想曲」

炉心溶融は3月13日から報道されていた。朝日新聞より。
3月14日朝日新聞。炉心溶融は報道されていた。

全国は「メルトダウン狂想曲」に陶酔しているかのようになっています。

まるで、鬼の首を取ったように、「メルトダウン、メルトダウン、メルトダウンは起きていた!」

しかし、上記の写真にあるように、「炉心溶融」つまり、「メルトダウン」(この言葉は適当ではない)がおきていたことは、3月13日の朝刊から報道されていました。

「一部、炉心溶融」と書かれていたように思いますが、

「一部炉心溶融が全炉心溶融」になっただけ。同じことです。

そして、私のブログでも、3月20日「今、福島で起こっていること」

エントリーでは炉心溶融に触れて、

「炉心溶融とメルトダウンは違うこと」、

「スリーマイル事故でも炉心溶融は起きていたこと」

「たとえ、炉心溶融が起きても外部には炉心が溶け出すことはないこと」

を書きました。

それは、極度に恐れてパニックになることが一番危ないからです。

今は、マスコミの極端な報道によって、日本全国「メルトダウン狂想曲」です。

以前、私は幸福の科学の教えに出会う前は、宗教は嫌いでした。

「狭い視野で盲信している姿が嫌だったから」です。

実際は私の偏見でした。

そして信仰を持った私が、今の日本を見ていると、

マスコミの情報にいいように踊らされている日本全体が、

何かを盲信して狂っている姿に映ります。

大切なことは、現状をしっかりと見据えることです。

菅政権、民主党政権の判断ミスは多発していますが、(菅首相には即刻退陣してもらいたいですが)

それ以上に、マスコミの過剰報道によるミスリードは目に余ります。

民主党政権もマスコミの偏向報道、過剰報道によって生まれました。

マスコミの皆さんは、ぜひ、「本来の在野の精神」に戻って、

国民に正しい情報を提供し、正しい方向へ国民を導く気概を持っていただきたいと切に願います。

小島一郎

《大切なお知らせ》

5月26日(木)21時の幸福実現TVは復興増税では復興できないです。

幸福実現党静岡県幹事長の中野雄太氏と共に、皆さんと、復興財源について考えます。

様々な案が出ながらも、中々進まない復興政策。

何となく、「復興増税もありかな」と思っている方は、必見です。

私のブログからご覧になれます。

コメントをどうぞ