尖閣衝突事件「やはり中国漁船員はモリで突いていた」

昨日、元海上保安官と打ち合わせでお会いしました。

打ち合わせが終わり、昨年話題になった、尖閣諸島衝突事件での出来事について

聞いてみました。

「海に落ちた方が中国人に銛で突かれたということは事実としてあったのですか?」

「実際にあったと聞いています。海に落とされて、銛で突かれ、さらに漁船をいったんさげて勢いをつけて

落ちた方に向かって突進して引こうとした…」

「命には別状はなかったのですか?」

「海上保安官ですから、海に入れば銛で狙われても何とかかわしました。船にもひかれなかったそうです。

相手は漁船に乗っているとは言っても、中国の軍人ですから本当に命がけです。」

そして、流出しなかった部分のビデオにはすべて収められているはずなので、

国会議員は見ているはずで、中国人に銛で突かれている様子を表に出せば

外交的にも完全に有利になるのに、なぜ出さないのか。国のために命をかけているのに…。

政府は一体何を守っているのか。

と、悔しさを噛み締めていました。

私はビックリしました。命に別条がなくて本当によかった。

石原都知事の発言で話題になりましたが、結局、よくわからずにうやむやになっていたからです。

実際にあったとは驚きです。

菅内閣は中国のための政府なのでしょうか。

海上保安官の立場を守らないのでしょうか。

さらに、政府は何もしれくれないので、沖縄の海上保安庁で中国に直接、巡視船の賠償を訴えているそうです。

地域主権と言いながら、単なる「地域丸投げ」―。

国の政治家は、国民の命と安全、財産を守ることが仕事であり、責任です。

今回の尖閣問題は、政治家、政府が果たすべき責任を放棄していると言えます。

国益を守り、国民の安全と財産を守るためにも、ビデオはすべて公開するべきです。

無責任な政府の姿勢(菅ー仙谷ライン)に、改めて憤りを感じます。

小島一郎

2 Responses to “尖閣衝突事件「やはり中国漁船員はモリで突いていた」”

  1. 日本は『菅』製危機!温家宝首相に「尖閣」と言えない。 | 小島一郎 official web site 幸福実現党

    […] 5月21日のブログ記事(尖閣衝突事件「やはり中国漁船員にモリで突かれていた」)で紹介したように、 […]

    返信
  2. Romaeda

    浜岡原発停めた理由が「国民の安心と安全のため」だったが、これを侵す殺意ある中国人船員並びに船長を無罪放免にする一方、命がけで国を守る海保官の真の姿を隠蔽した菅・仙谷。完全なる売国奴だ。海保官だってその家族だって国民だ。

    返信

コメントをどうぞ