復興増税は政府の「人災」「ダブル震災」に注意

東日本大震災の復興に向けて、財源の議論が白熱しています。

出てくる議論は、増税ばかり。

2011年3月29日 高橋洋一(元内閣参事官・嘉悦大教授)氏の

復興増税は政府の「人災」だ 震災ショック分散に逆効果、被災地以外も共倒れの怖れ

にもあるように、今、震災から立ち直ろうという時に増税するのは

「人災」であり、もう一つ震災を増やすようなものです。

まず、記事を読んでいただきたい。

(転載始め)
======================================

内閣府は23日、今回の東日本大震災によって道路や住宅等の直接被害額が最大25兆円、2011年度のGDPも最大0・5%低下するという試算を公表した

そうした被害に対する復興支援のために、2011年度補正予算が政府内で検討されている。その規模は、10兆円程度のようであるが、その財源としていろいろなモノが浮上している。

まずは、すぐに活用できる予備費(今年度約2000億円、来年度約1兆1600億円)がある。問題はそれを超える補正の財源である。

子ども手当や高速無料化などマニフェストの見直しが俎上に上がっているが、一方で民主党の目玉である子ども手当に手をつけたくないという思いも交錯している。

それらの他に、財源探しとして、年金積立金の流用もある。さらには、所得税や消費税の期限付き増税のほか、電気料金への課税も検討されそうだ。

まず、こうしたショックを受けた場合の経済学のセオリーを紹介しよう。

例えば100年に一回の出来事に財政対応するために一度(または数年)の増税はありえない。というのは、100年に一回の話は100年かけて平準化したほうがいいからだ。この平準化理論から、財源は増税ではなく負担を平準化できる国債が望ましい。

こうしたセオリーを無視して、増税した場合、震災のショックから立ち直るのが遅くなるだけだ。

前回紹介した世界銀行の試算では、この震災のショックから完全に立ち直るのは数年かかるという。

その場合増税をすると、被災地以外のところで経済活動をして被災地を支援すべきなのだが、被災地と同じようなショックが与えられる

たとえば、被災地は震災ショックがあって、被災地以外は増税ショックになる。

こうなると、支援される被災地でも生産活動がただちに回復せず、それとともに、被災地以外の所も増税で経済活動が停滞し、共倒れになる可能性すらある。

ただでさえ、震災ショックでGDPが最大0・5%低下すると内閣府は試算しているが、増税すればその2倍の最大1%も低下することもありえる

内閣府の試算自体も、東電福島第1原発事故や計画停電の影響などは織り込んでおらず、経済的な影響はさらに大きくなる可能性もある。

震災のショックを、地域的に分散し、さらに時間的に分散しなければいけないのに、増税はまったく逆効果になってしまう。

この震災に乗じて増税したいという財政再建至上主義者である財務省の衣の下から鎧が見えてしまった。

もし増税になったら、日本は地震の天災のほかに、増税という人災にも見舞われてしまう。

=====================================
(転載終わり)

高橋洋一氏が指摘するように、

復興増税は政府による「人災」であり、愚かで浅はかな考えです。

幸福実現党は、政府が発行する「東日本復興債」を

日銀に直接引き受けさせ、

復興財源を調達することを提言すると共に、

政策金融機関によって被災した企業や個人に

緊急で無担保無利子の特別融資を実行する、

としています。

この効果は民間に資金を行き渡らせ、

その資金を復興の足がかりとして、

早期に被災者の生活・生産を復旧することが目的です。

「特別融資」は短期間に被災者の生活を取り戻すための手段であり、

「東日本復興債」は中長期的な東北・東日本の復旧・復興に寄与するためのものです。

高橋洋一氏は「直接被害額の半分の復興国債10兆円を発行し、

その上で特例国債40兆円を加えた50兆円程度を日銀が直接引受する。

さらに必要なら上乗せすることが救国策になる」

と提言しています。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110325/plt1103251549001-n1.htm

実際に50兆円もの国債発行が必要かは検討を要しますが、

内閣府が直接的被害額を16~25兆円と試算していることに鑑みても、

数十兆円規模の国債を発行し、

迅速かつ大胆に公共投資を行うことが求められます。

危機の時には強力なリーダーシップが必要です。

しかも、戦力は逐次投入ではなく、

新しいビジョンを明確に掲げて、国民に安心感を与え、

スピーディに復興に着手することが求められます。

幸福実現党ではピンチをチャンスに変えて、

新しい東日本ビジョンによって、日本を丸ごと再建してしまう

チャンスでもあります。

今こそ大胆な政策で日本を丸ごと再建していくときです。

小島一郎

ほそい信之氏の実家のそば屋「いどや」2階にて。真ん中は、ほそい氏の父。頑固親父ですが今日は嬉しそう。

コメントをどうぞ