防衛戦略の欠如が呼び込む「北の危機」

雪の中、北朝鮮・中国による国難と憲法9条の前文の適用除外を訴えました。参加してくださったサポーターの皆さん、ありがとうございました。

民主党政権の防衛戦略の欠如が「北の危機」を呼び込んでいます

2011年2月9日 産経新聞では

【露大統領 北方領土は戦略的地域 軍備増強も指示】と言う記事が掲載されました。

(転載始め)
===================================
ロシアのメドベージェフ大統領は9日、クリール諸島(日本の北方領土と千島列島)は「私たちの戦略的地域だ」と述べ、軍備増強を進める方針を強調した。インタファクス通信が伝えた。

11日に予定される日露外相会談を前に、改めて日本側を牽制したものとみられる。

大統領は、「(クリール諸島の)軍備増強は、ロシアの一体不可分の領土として、この島々の安全を確保するために不可欠で、十分かつ最新の装備が供給されるべきだ」と述べた。

ロシア側では4日、セルジュコフ国防相が北方領土を訪問、兵器や装備の近代化を進める方針を表明していた。

一方、ロシア外務省のルカシェビッチ報道官は9日、日本の北方領土に当たる南クリール諸島はロシア領だとした上で、「この地域のあらゆる経済活動はロシアの法律が適用されるべきだ」と強調した。

さらに、日本の指導者が「極めて非友好的」な発言をしたとして、「日本はロシアに対する態度を原則から変えるべきだと考えている」と述べた。

菅直人首相が7日、昨年11月のメドベージェフ大統領の北方領土訪問について「許し難い暴挙だ」と述べたことに反論したものとみられる。
===================================
(転載終わり)

2月7日の「北方領土の日」の返還要求全国大会で、

菅直人首相がメドベージェフ統領の国後島訪問を「許し難い暴挙」と強い調子で非難しました。

そもそも、菅首相の反応は遅すぎです。

許し難い暴挙」としたのなら、何らかの対策をとるべきです。

それを何も対策をせずに、その場の「人気取り」のためだけに強気な発言をして、

ロシアを挑発して終わっただけならば、

それこそ、一国の総理として国民に対する「許しがたい●●」です。

民主党政権が初めて改定した新しい「防衛計画の大綱」(防衛大綱)では、

中国の動向をにらんで「南西シフト」の方針を示しました。

しかも、政府は陸上自衛隊の定員、1千人も削減することにしています。

戦力を減らしながら「南西シフト」する場合、

従来の北方重視体制を見直し、北方から南西への配置転換を進める形になります。

当たり前ですが、単なる配置転換では、北方にパワーの空白が生じます。

そして、パワーの空白が生じれば、今回のように、ロシアの極東軍備増強を呼び込むことになるわけです。

つまり、今回のロシアの極東軍備増強は、

民主党政権の戦略なき自衛隊西南シフトによって、必然的に起こったことと言えます。

また、ロシアの急激な極東重視の背景には、2012年の大統領選挙において、

対抗馬であるプーチン首相を抑えて再選を狙うメドベージェフ大統領の意向が反映されているのは明らかです。

「強いロシア」を代表するプーチン首相に勝利するためには

「北方領土」を確実に押さえ、軍事基盤と経済基盤を発展させ、

極東を一大拠点として、大統領再選の足掛かりにせんとするメドベージェフ大統領の戦略です。

プーチン首相の影響下から脱して、独り立ちしたいメドベージェフ大統領の焦りが見えます。

民主党政権は、指をくわえてロシアの極東軍備増強を見ているだけではなく、

北海道に有力な海上自衛隊の部隊を配置し、

北の海をパトロール航海の範囲内に含めることも必要です。

そして、単に在北海道自衛隊の戦力を削減するのではなく、

部隊の効率化等によって、北方戦力を底上げしていく対策を打つことが

緊急かつ重要です。

小島一郎

コメント “防衛戦略の欠如が呼び込む「北の危機」”

  1. Tweets that mention 防衛戦略の欠如が呼び込む「北の危機」 | 小島一郎 official web site 幸福実現党 -- Topsy.com

    […] This post was mentioned on Twitter by 幸福実現党小島一郎, 幸福実現党小島一郎, KIHIRU, とむすけ(清水房彦), 幸福実現党小島一郎 and others. 幸福実現党小島一郎 said: 防衛戦略の欠如が呼び込む「北の危機」 http://is.gd/xHjCs0 […]

    返信

コメントをどうぞ