なるほど!「イノベーションと創造的破壊」


2週間ぶりに、池田信夫先生のアゴラ経済セミナー第5回「経済問題を古典で読む」に参加しました。

本日は、シュンペーター。「イノベーションと創造的破壊

イノベーションによる景気回復、経済成長が支持され、グーグルで検索すると、

シュンペーター1720万件。ケインズ1080万件。シュンペーターが優勢。両方ともすごいが。

資本主義とは自然淘汰による進化。(フムフム……)

イノベーションの効果は長期的になります。(なるほど…)

蒸気機関から電気の社会にシフトするのに電気が発明されてから50年以上かかっています。発電所、工場が電力化しコストが下げられて、家庭まで電気エネルギーで浸透するには半世紀くらいかかる。

今は、インターネット社会へのイノベーションの第2幕くらい―。

本質的な問題は、市場の創造。新しい市場が創造されることで、社会はイノベーションされます。(確かに…)

特に私が何よりも「なるほど!」と思ったのは、

「イノベーションは新しい企業が出てくることだ」と言うところ。

新しい設備投資をした企業、新しい技術を持った企業が出てくることで、イノベーションは起きる。

マイクロソフトの出現、アップルのiPadでモバイルは進化している。

要は、「IBM独自のイノベーションで進化したのではない」ということか。

①A社(IBM)が成長していくと、収穫逓減していきます。

②実際は、B社(マイクロソフト)という新しい技術の会社が出てくる。そしてやがて成長が緩やかになる。

③次にC社(アップル)が新しい技術(iPad)を持って出てくる。

次々と新しい企業が出てくることによって、社会は活性化します。

確かに社会は進化新しい企業の出現によって進化している。

企業自体がイノベーションするとか、次々と新しい発想を生み出すことでイノベーションするというふうに考えがちですが、

実際は、新しい企業が出てきやすくする。競争する仕組みを作る。

次々と新しい企業が挑戦してくる社会的仕組みを作ることが、イノベーションになります

しかし、残念ながら日本は、開業率は先進国で最低で、GDPの成長率も先進国で最低レベル。

かつての高度成長から転落しているようだ。

シュンペーター先生曰く。

「資本主義は社会主義より経済的にすぐれている。しかし、資本主義はその成功によって没落する。資本主義の後継者として社会主義を強く志向するような事態を作り出す」

日本は社会民主主義的な考え方が根強い。資本主義は放っておくと駄目だという考え方があり、政府が市場に介入して貧しい人を助けないといけないという考え方が政府を支配しています。

成功者に嫉妬して納税額を増やしたり、バラマキ政策。そのための消費税増税ー。

悪循環―。

社会民主主義に向かっているー。今の日本は非常に危険な状態にあると、池田信夫先生のセミナーを受講していて、改めて背筋の寒くなる思いでした。

小島一郎

湾岸支部の皆さんと。地域開拓戸別訪問、行ってきました~\(^o^)/

コメント “なるほど!「イノベーションと創造的破壊」”

  1. Tweets that mention なるほど!「イノベーションと創造的破壊」 | 小島一郎 official web site 幸福実現党 -- Topsy.com

    […] This post was mentioned on Twitter by 幸福実現党小島一郎, さち sachi (editor, とむすけ(清水房彦), 小澤 ozawa, けんちゃん and others. けんちゃん said: RT @kojimaichiro: なるほど!「イノベーションと創造的破壊」 http://is.gd/h2ILot […]

    返信

コメントをどうぞ