掘削船・ちきゅう投入!日本を資源大国へ。メタンハイドレードの調査開発を急げ!

日本近海のメタンハイドレード分布

1月30日付YOMIURI ONLINEで、【メタンハイドレート調査、掘削船・ちきゅう投入】と言う記事がありました。

日本近海にメタンハイドレードはたくさんあります。(左図参照)

日本は、メタンハイドレードの開発に成功すれば、次世代エネルギーのエネルギー大国、資源大国になる可能性を持っています。

大チャンス到来です。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110129-OYT1T00875.htm

(転載始め)
石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、次世代資源の切り札として期待される日本近海のメタンハイドレート開発のため、海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」を使った海底掘削調査を2月5日から実施する。

日本近海の海底はメタンハイドレートの宝庫で、埋蔵量は国内の天然ガス消費量の約90年分に上るとの試算もある。

ただ、海底下の厳しい低温高圧環境に封じ込められ、取り扱いが難しい。

採掘の際にメタンガスが異常噴出し、制御不能になるといった事故を防ぐには、事前に地質を綿密に調べ、採掘の地点や方法を注意深く決める必要がある。

今回の調査では、水深700~1000メートルの海底を100~400メートルくらいまで掘り抜き、ハイドレートを取り巻く層の地質構造や、掘削穴とパイプの安定性などを調べる。

ちきゅうは、海底下7000メートルまで掘り進める、世界最高性能の掘削船。

学術探査を目的に建造されたため、コンピューター断層撮影法(CT)などの高度な分析装置まで搭載し、海底地質の調査能力は飛び抜けている。
*・・・・・・・・・・・・・・・*
(転載終わり)

メタンハイドレートは見た目は氷と同じですが、火をつけると燃えるので「燃える氷」と呼ばれている新エネルギーです。

ほとんどが海底にある「凍結状態のメタンガス」で、1立方メートルのメタンハイドレートを解凍すると164立方メートルのメタンガスになります

石油、石炭と比較すると、燃焼時の二酸化炭素は半分ほど、で環境にやさしい新エネルギーと言われています。

世界のメタンハイドレートの埋蔵量は、天然ガス、原油、石炭の総埋蔵量の2倍以上といわれており、「次世代エネルギー」として期待されています。

メタンハイドレートはプレートが海底に潜り込む所で作られるため、日本の近海に良質なものが大量に存在しており、「神の計らい」か、日本近海は世界最大のメタンハイドレート量を誇っております。

メタンハイドレートの商業化が進めば、日本は石油枯渇後、「世界最大のエネルギー資源大国」になる可能性が高いと言われています。これはすごいことですね。

地質調査所の調査では、南海トラフ、北海道周辺海域に、6兆立方メートルが存在しており、これは、日本の天然ガス使用量の100年分に匹敵します!

しかし、日本政府の動きは鈍く、日本近海のメタンハイドレートの利権をめぐって、中国、ロシア、韓国等が動き出しており、中国が執拗に尖閣諸島を狙っている理由は、尖閣諸島近海の豊富なメタンハイドレート利権が目的ではないかと指摘されています。

日本には、高い技術力、開発力があります。大切なことは、政治的リーダーシップです。資源の権益を巡り、中国、ロシア、韓国等の国に実効支配されないように毅然とした態度と、スピーディな開発が求められます。

日本が21世紀のリーダー国家としての使命を果たせるか、否かの岐路に立っています。開発費用を投資し、商業ベースに乗せるための実行力を期待します。

小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事

3 Responses to “掘削船・ちきゅう投入!日本を資源大国へ。メタンハイドレードの調査開発を急げ!”

  1. Tweets that mention 掘削船・ちきゅう投入!日本を資源大国へ。メタンハイドレードの調査開発を急げ! | 小島一郎 official web site 幸福実現党 -- Topsy.com

    […] This post was mentioned on Twitter by 幸福実現党小島一郎, けんちゃん, 幸福実現党小島一郎, 小野田真里子, 幸福実現党小島一郎 and others. 幸福実現党小島一郎 said: https://kojima-ichiro.net/1752.html […]

    返信

コメントをどうぞ