雪がチラつく中、戸別訪問頑張りましたぁ。祭政一致の政治活動でした。

一緒に回ったY原さん(私の左女性)、運転してくださったK澤さん(私の右男性)、ほそい信之氏(Y原さんの隣)。

少し遅れましたが、昨日の戸別訪問について

ご報告したいと思います。

東京16区(江戸川区)の中の西葛西、南葛西、北葛西を中心に

12名のメンバーと戸別訪問でご挨拶。

午後からは雪が降る中の活動でした。

西葛西にある湾岸支部に集まり、

「吉田松陰・人生勝利祈願」を祈願。

湾岸支部の代表Y井さん。兄弟みたいなもんです。
「人生日々これ決戦。あると思うな明日の命」

「勇気とは何かを知りたくば、死を覚悟せよ」

吉田松陰先生の純粋で無私なる理想国家への情熱を胸に刻み、

志を再確認することに。

そして、天上界のご加護を信じて、いざ出発!

私のグループは、毎月フォローを続けてくださっているY原さん、K澤さん、

そして、区議にチャレンジするほそい信之さん。

ポスターを貼らせてくださっているご家庭や以前支援者になってくださった家庭へ。

私が東京16区の支部長としてご挨拶。

次に、ほそい信之氏を紹介。

そして、ポケットから『入会版・正心法語』を―。

「いつも読んでもらっている幸福の科学の月刊誌の根本経典『正心法語』です」

「お釈迦様の意識で書かれていて、日本語で分かりやすい」

「般若心経の1万倍の功徳なんです。

功徳と言うのは、死んでから天国に還れるってことなんです」

「大宇宙に光あり  光は仏の生命なり  生命によりて人は生き・・・」と一部朗読。

「死んで持って還れるのは心しかないので、心をきれいにすることが大切なんですよ(^v^)」

「朝晩と毎日読んでいただくと、心がきれいになるので、人生が好転していくんですよ」

意外とみんな聞いてくれる。

相手「うちは空海だから。宗教やってるよ」

相手「じゃあ正心法語読んでみようかね」

衆院選以来、Y原さんが何度も足を運んで信頼関係ができていて、

布教誌を渡しているような方は皆さん入会。

中には、月刊誌を読まれて、すでに以前とは別人のように変わって

すばらしくなっている方もいてビックリでした。

もっと早くお勧めすればよかった。

7人の方が入会して「正心法語」を読むことに。

24人の方とお会いしましたので、3割くらいですね。

中には拒絶する方ももちろんいます。

そんな方は、今まで通り、政策ベースでのお付き合いです。

人と人の心のつながりを大切にします。

幸福実現党は、逃げも隠れもしない、「宗教政党」です。

国の柱に信仰心を持ってくる。

宗教を尊敬する国を創りたいという理想を持っているからです。

宗教は、寛容を旨としています。

今、日本はすでに日本神道も仏教もキリスト教も共存しています。

宗教が裏に押し込められた存在から、

堂々と宗教を語れる表の世界へ持ってくるだけです。

宗教を生活に生かし、そして文明と共存する国にすればいいのだと思います。

一緒に活動してくださった、東京16区の皆さんには本当に感謝・感謝です。

そして何よりも、天上界のご加護があっての心温まる活動でした。

地域の皆さんの幸福の実現を心より祈念いたします。

小島一郎

コメント “雪がチラつく中、戸別訪問頑張りましたぁ。祭政一致の政治活動でした。”

  1. Tweets that mention 雪がチラつく中、戸別訪問頑張りましたぁ。祭政一致の政治活動でした。 | 小島一郎 official web site 幸福実現党 -- Topsy.com

    […] This post was mentioned on Twitter by 群れなす青, 群れなす青, 不思議ちゃん, 幸福実現党小島一郎, 幸福実現党小島一郎 and others. 幸福実現党小島一郎 said: ブログ更新しました。ありがたい時間をいただきました。 【雪がチラつく中、戸別訪問頑張りましたぁ。祭政一致の政治活動でした。】 | 小島一郎 official web site 幸福実現党 http://t.co/FZNaGfv via @zenback […]

    返信

コメントをどうぞ