バラマキ子供手当で増税するなら、リニア新幹線の前倒しで好景気を!

中国・上海で超高速リニア新幹線が営業運転をしています。

中国に先を越されてしまいました。

私も今年、上海に出張に時に、上海のリニアに乗りました。

なめらかな滑り出し。静かに上がるスピード。飛ぶように、500㎞へ近づく。

この感動を日本で味わいたかった―。

リニア新幹線は、東京―名古屋間が予定より2年間遅れ2027年。

名古屋―大阪に関しては、2045年の開業。

遅すぎ!

これは、政治家が責任持って、国家事業として取り組むべきことです。

リニアが実現すれば、東京から名古屋までが40分。

今、東京から横浜までが30分から40分なので、

東京から横浜に行くような感覚で名古屋に行くことができるようになります。

東京―大阪間は1時間です。

リニア新幹線で、東京―名古屋―大阪をつなぐことで、

人口6千万人以上が、鉄道1~2時間以内圏に集中します。

ニューヨークの人口が1900万人ですから、

人口6千万人の世界最大!前代未聞の都市が誕生します。

ついでに、成田と羽田もリニアで結べば、10分です。

リニアで成田と羽田は実質的に合体します。

すごい効果です。

それが東京―名古屋で5兆円。

さらに数兆円で大阪まで伸ばせます。

(ちなみに子供手当の予算は4.5兆円〔2.6万円/月支給の場合。1.3万円/月支給の場合2.2兆円〕)

リニアの建設で大量の雇用が生まれ、経済が活性化し、

完成後には、世界最大の都市圏が出現し、

日本はナンバー1都市になります。

技術的にはすでに可能です。

2027年まで待っている場合ではありません。

これで、日本の好景気と夢の世界都市を買える。

菅、与謝野、藤井氏の増税3兄弟による増税議論が増えそうだが、

日本の未来に責任を負うのであれば、

政治家として、国民に新しい未来ビジョンを示すべきです。

リニアで世界ナンバー1都市を創造しましょう!

小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事

コメントをどうぞ