中央アジアから見た、国際情勢。

日本クラウセヴィッツ学会主催の、

廣瀬陽子 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授による、

「国際関係の十字路としての“旧ソ連”」-21世紀国際社会の紛争と民主主義を読み解く

セミナーに参加してきました。

講師は、私の妻と同じ年の1972年生まれ。美人。

講師が留学したことのある、アゼルバイジャン等の中央アジアの民族紛争、

ロシアから見た国際関係。つまり、旧ソ連から見ると、国際関係はどう見えるか、

というもの。

アゼルバイジャン、アルメニア、キルギス、グルジア等の中央アジア諸国には、

日本にあるような自由はありません。

旧ソ連の時にも恐怖政治だったけれども、民主化が進んだ今も、

民主化による「不安定な政治」によって、99%の国民は貧しい。

恐怖政治、拷問、世界トップ10に入る悪環境、人身売買、子供の教育悪等、

悲惨な状況が続いています。

たとえば、賄賂は当たり前なのですが、

交通違反で捕まえた警察官が、見逃すために賄賂を要求します。

(これだけでもあり得ませんが)

しかし、捕まった人は、賄賂の要求に対して、

「今、お金を支払ったら、

今晩の子供たちや家族に食べさせる食事代がなくなってしまいます」

と言うと、賄賂を要求した警察官は、

「それは分かるが、あなたからおカネをもらわないと、

私の家族の今晩の食事代がないんだよ」

というような、悲惨な状況にあります。日本は幸せです。

このような悲惨な状況にあるため、今も紛争は絶えません。

中央アジア、ロシア、NATO、アメリカの情勢、特に中央アジアを中心に

国際情勢を考えると、見方がまったく変わってきます。

たとえば、2010年11月にNATOリスボンサミットにメドヴェージェフ大統領が参加し、

新たな協力体制が築かれ、協調路線に入りました。

そして、アメリカの国際的影響力の低下、

ロシアが西側に対してそんなに力が要らなくなったとの呼応して、

日本の領土問題に影響してきています。

つまり、中国の横暴な尖閣問題での振る舞いや、

ロシアの北方領土政策の強硬化につながっています。

日本とアジアだけを見ていると、分からなかったことが、

中央アジアやロシアの動向を見ることによって、より大胆に

日本の状況が浮き彫りになってきます。

(詳しくは、また紹介します)

小島一郎

コメント “中央アジアから見た、国際情勢。”

  1. Tweets that mention 中央アジアから見た、国際情勢。 | 小島一郎 official web site 幸福実現党 -- Topsy.com

    […] This post was mentioned on Twitter by ラストクィーン@幸福実現党応援 and 幸福実現党小島一郎. 幸福実現党小島一郎 said: 中央アジアから見た、国際情勢。: 日本クラウセヴィッツ学会主催の、 廣瀬陽子 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授による、 「国際関係の十字路としての“旧ソ連”」-21世紀国際社会の紛争と民主主義を読み解く セミナーに参加して… http://bit.ly/gmbC0r […]

    返信

コメントをどうぞ