北方四島はロシア領?ではない!

江戸川区から異動になった野口支部長、後任の安部支部長と江戸川区議候補予定の細井信之氏を囲んで。

ロシアのメドベージェフ大統領は、「北方四島はすべてロシア領だ」と、述べた。

「ちょっと待て!」と言いたい。

第二次大戦中、日本とロシアは

「日ソ不可侵条約」を結んでいました。

それにも関らず、日本が1945年8月15日に戦争を止めた後、

ロシアは日ソ不可侵条約を一方的に破って、北方四島を取ってしまいました。

中国との尖閣問題と同じく、完全な泥棒行為です。

しかし、ロシアでは9月終戦ということになっています。

実際に、ロシアが戦争を止めたのは9月ごろなので、9月ということになっています。

これは、勝手な解釈です。

実際、日本で8月15日に終戦宣言がなされ、第二次大戦は終わりました。

歴史の事実です。

それを、北方四島の占領を正当化するために、終戦日事態をずらし、

国民にも終戦日をずらして教育して正当化していく。

ひどい話です。

そして、今回、日本が中国に弱腰になり、日米同盟が弱ってきていることをめがけて、

ロシアは「北方四島はすべてロシア領だ」と

傍若無人な声明を表明してきました。

日本が今すべきことは、弱腰外交を脱却すること。

そのためにも、日米同盟の強化と共に、自衛隊の軍備を強化することです。

兵器を増強し、さらに、核兵器を装備することを議論し始めることで、

日本の近隣諸国の対応は変わってきます。

菅政権は舐められているからです。

本年の最高のクリスマスプレゼントは、菅政権が退陣、解散して、

弱腰外交から脱却することです。

小島一郎

野口さんと安部さんの歓送迎会の様子。盛り上がりました。「モデルを作ります。」(By安部)

コメントをどうぞ