10代が選ぶ、2010年10大ニュース。1位は尖閣問題。

江戸川区議候補予定の細井信之氏と。江戸川区瑞江「そば処いどや」前にて(細井氏の実家のお店)

メリークリスマス!!すっかり寒くなりました。

今年もあと1週間ですね。

新聞では、10大ニュース、印象に残ったニュースをよく取り上げています。

10代の若者は2010年をどのように見たのでしょうか?

【2010年10代が選ぶ重大ニュース】

1位  尖閣諸島沖 中国漁船衝突事件

2位  チリ鉱山落盤事故

3位  尖閣ビデオ映像流出事件

4位  サッカーW杯南ア大会 日本代表ベスト16進出

5位  バンクーバー冬季五輪開催

6位  菅連立内閣発足

7位  小惑星探査機・はやぶさ帰還

8位  1ドル80円台の円高

9位  裁判員裁判 死刑求刑

10位 バレーボール女子世界選手権 銅メダル

さらに、2010年10代が選ぶ、印象に残った流行語は、

1位  ~なう。   

2位  ととのいました(ねづっち)   

3位  AKB48

4位  リア充

5位  2位じゃだめなんですか(蓮舫議員)

でした。

重大ニュースでは、1位~3位までが政治や事件でした。

尖閣事件の後の中国での反日デモ、レアアースの輸入制限、フジタ社員の拘束…。

政府の弱腰の対応…。

若者たちの目には、未来の不安と共に、強い印象として映ったようです。

尖閣のビデオ流出事件も単独で3位でした。

10代の純粋な若者たちの目に、日本の外交が印象的に映り、不安を与えている。

大人の責任を感じます。

蓮舫議員の「2位じゃだめなんですか?」発言も3位。

この発言で削減されたスーパーコンピューターは、

そのおかげで2位どころか、4位以下が決定的になってしまいました。

日本の技術的競争力に多大なる影響が出てしまっています。

若者たちの未来を守り、繁栄の未来を実現するために、

頑張ってまいります!

小島一郎

よろしければクリックお願いいたします にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

コメント “10代が選ぶ、2010年10大ニュース。1位は尖閣問題。”

  1. LEMON

    寒さ厳しいなか、日本中駆け巡っている小島さん、お疲れ様です!!

    今の十代の若者は、政治に関心のある人が増えていますね〜。
    日本の未来はどうなるのだろうと、不安に思えることが、今年は多かったからなのかなぁ。
    中国や北朝鮮の問題にしても、もうはっきりとした対策をたてる時期ですよね。
    穏便にしていたら、大変な事になるって気付いている若者が、少しずつ増えているのかなぁ。

    返信

コメントをどうぞ