令和元年の初街宣。反応が。

令和時代があけました。改元おめでとうございます。

本日は、上尾後援会の皆さんと、上尾駅前で街宣活動をしました。

令和初街宣です。

先日、伊奈町議員選挙に当選した、山野智彦議員と一緒に街宣しました。

チラシ配布等に10名以上の後援会メンバーが駆け付けてくださいました。

「平成から令和に時代が変わって、何か変わったのかな?」と、思うくらいに、チラシの受け取りが良く、多くの方が足を止めて話を聞いてくださいました。

特に、消費税減税についての話に耳を傾ける方が多かった。

私の話をじーっと聞いていて、途中拍手をしてくださり、話を終えた時、最初に拍手をしてくださった方に挨拶に行くと、党員でもなく、初めての方でした。

「まさにその通りだと思う」と、政策に賛同してくださいました。家族で応援しますと仰っていました。

後援会にも入ってくださいました。(拍手)

午後は、行田の吉田えりさんと挨拶まわり。

吉田えりさんが支援者の方を紹介して引き回してくださいました。

雨が降るまでみっちりと歩きました。

皆さん、開口一番「また頑張んな。4年後があるから。次は大丈夫だよ」と、心から応援してくださる方ばかり。

そして、「えりさんが言うなら、小島一郎さんを応援しますよ」と、吉田えりさんの信頼は大きいなと、感謝感謝でした。

本日も一日、ありがとうございました。

明日も頑張ります。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ