久喜後援会へ。ホンネ出る出る集会。

本日4月30日は、久喜後援会でミニ集会に参加してまいりました。

私自身の立候補表明についてのご挨拶と、これからの活動のお願いを確認させていただきました。

久喜支部の皆さんは、一旦終わってから盛り上がる。

「中国に土地を買わせていいんですか?」

「中国は、軍事施設のまわりなど日本の重要な土地も買っているが、何とかできないのか?」

「人種差別をするわけではないが、中国人で就労ビザを持っている人が普通に保育園に入れたり、高額医療も受けられる。日本人の税金が投入されているが、どうなのでしょうか」

「消費税10%への増税には腹が立って、テレビにものを投げつけてしまいそうになる」(激しいですね)

私との共通の知り合いがいらっしゃる方もいて、これからが楽しみです。

その他、ホンネが出る出る。ちょっと、ブログでは書けないような内容まで。大いに盛り上がりました。

その後、「記者会見しましたご挨拶まわり」を、久喜駅近くのお知り合いの商店を回りました。

チラシ(幸福実現NEWS小島一郎特集号)を二つに折ると上記のようになり、分かりやすくて話がしやすかったですね。

明確に、地方議員35名!と出ているので、信頼感を持っていただきやすかったです。

私の討議資料も持ってまいりましたが、どなたも、3枚4枚と、お友達用も快く受け取って、サインもしてくださいました。

「連休に休んでも仕方がないから」と開いているお店の方。消費税10%には本当に困っていました。

「お宅の3人で話しているYouTube、昨日見ていたよ(おそらく及川さんの番組)。いいこと言っているよな。新しくて、若い政党が出てこないと。今はどの政党もダメだよ。何とか日本を良くしてくれよ」

と、従業員さん皆にお知らせくださることになった店主も。

記者会見でもそうでしたが、何か、変化を求めている機運を感じることができました。

一貫して、消費税減税を訴えてきたのは、幸福実現党だけです。→ 幸福実現党10周年 -「減税」を一貫して訴え続けた10年間(リバティ記事)

クリック→ホンネで選ぶ 小島一郎channelへの登録もよろしくお願いします。こまめに更新しております。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ