小島一郎は、参院選埼玉選挙区・出馬表明しました。

4月25日(木)に埼玉県庁記者クラブで、参議院選への立候補表明記者会見を行いました。

午前中に、党本部で地方議員19人当選(幸福実現党地方議員35人へ)についての記者会見を終えた釈量子党首も駆け付けてくださいました。

幸福実現党の女性議員比率は、71.4%で、他のどの政党よりも圧倒的に多い。

今回の統一地方選挙で19人当選は、国N党と一緒に「躍進」と注目されています。

私は、「持っていき場のないホンネの受け皿」でありたい。

そして、今、自民党の中からも「増税延期」「8%→⑤%」とか「そんなことはなく、リーマンショック級の不況がなければ続行だ」などと、様々な意見が飛び出し、衆参同日選挙までささやかれる中、

一貫して、「減税による景気回復・経済成長を」訴え続けているのは、幸福実現党だけです。

他の野党の方も「消費増税の延期やストップ」を言っておりますが、元民主党で三党合意によって、税と社会保障の一体改革を決めた張本人です。

その他の政策も含めた、具体的な内容は、本日のリバティWEBで記事にしていただきましたのでご覧いただければ幸いです。

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15702

埼玉県本部内の地方議員も3人駆け付けてくださいました。記者会見でも紹介させていただきました。

左から、山野智彦伊奈町議、細田みつえ三芳町議、野原洋子宮代町議です。

翔んで埼玉!になごむ会場。

今回の記者会見は、統一地方選で多くの当選者を輩出した直後だったからか、記者会見での記者の質問が活発で、特に、今後の動向への質問が党首に集まったことが印象的でした。

「注目度は上がっているな」と、感じた記者会見でした。

さあ、令和の最初の10日間は、埼玉県中を回る毎日になります。

皆さん、応援をよろしくお願いします。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ