遺伝子組み換え食品・ゲノム編集食品と表示義務。アメリカ・ヨーロッパ・日本。

ゲノム編集食品もさることながら、遺伝子組み換え食品にどのようなものがあるのか。

ゲノム編集食品は、「GABAが多く含まれるトマト」「毒芽のないジャガイモ」「肉付きのいい真鯛」などです。

遺伝子組み換え食品とはどのようなものだろう?と、知らない方が多いです。

除草剤をまいても枯れないトウモロコシや大豆、小麦等があります。2倍以上に成長するサーモン。

雑草は枯れても、遺伝子組み換え大豆やトウモロコシは枯れません。

その除草剤には「発ガン性がある」と2015年には発表されています。

ヨーロッパでは表示義務が厳格ですが、アメリカには義務はありません。

日本はアメリカ追従型です。

遺伝子組み換え食品に表示義務はあることになっていますが、醤油の原材料や家畜のエサに使用している場合、表示義務はありません。

それでいいのでしょうか?

映像をご覧いただければと思います。

→ https://youtu.be/v75V73pwioo

channel登録をお願いします。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ