「私を爆弾だと思って火を点けて国会に投げ込んでください!」

3月21日は幸福実現党釈量子党首が埼玉県大宮にお越しくださいました。

12時から大宮駅東口で街宣。釈量子党首と私小島一郎で大宮駅東口の皆様に政策を訴えました。

14時から埼玉県本部大会。釈党首の命がけの魂の叫びのようなものを全身で受け止めるような大会でした。

ウイグルの人たちを救いたいんです。日本の政府に頼んでも動いてもらえなくて、困り果てて幸福実現党に頼みに来ているんです。

もう時間がありません!

「皆さんも、そろそろ我慢の限界でしょう。私もです」

「私を爆弾だと思って、皆様の思いを託して国会に投げ込んでください。」

「国会に投げ込んでくださったら、爆弾のように動き回り日本を守ります」

「皆さんもそうでしょうけれども、私も、もう我慢ができません。」

熱い内容でした。全員で燃え上がりました。

釈党首の本が発刊になります。2冊予定しているうちの1冊目。

未来をかけた戦い ―幸福を実現するために―』です。

全国の書店に並んでおりますので、ぜひ、お求めください。

幸福実現党は立党して10年になります。先進的に様々な発信をしてきました。

実際に現実になってきていることがよくわかる内容です。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ