「景気が緩やかに回復している」実感ない83.9%

産経新聞社とFNN合同世論調査が新聞に掲載されています。

政府は10月に消費税率を8%から10%に引き上げる方針だ。この方針に賛成か。

賛成41%、反対53.3%

安倍政権について政策を評価するかどうか

《景気・経済対策》

評価する27.6%、評価しない57.0%

景気について内閣府が今月「下方への局面変化」と発表したのに対し、菅官房長官は「穏やかに回復している認識に変わりはない」とした。景気回復の実感があるか

実感がある9.8%実感はない83.9%

主に経済についての世論調査を抜粋しました。

特に最後の調査は、政府と国民との認識に大きなギャップがあることがハッキリしたものになっています。

そして、下方修正の原因は、中国経済の失速を上げていますが、2014年に消費税を8%に上げていなければ、中国が失速したとしても国内景気は実感を持って良くなっていると感じていたはずです。

それを4分でまとめてみました。

→ https://youtu.be/gqbTMSVW3h8

チャンネル登録をお願いします。

お友達にも紹介ください。

幸福実現党 小島一郎

コメントをどうぞ